時間を確保する上でプッシュ型とプル型を理解しよう!違いは?

社会人の方でしたら毎日忙しく働いている方が多いと思います。

その中でも色々なことで学ぶ必要が出てくるときがあります。

限られた時間の中で最大限の実力を出したいのが人間の心情ですよね。

そこで、勉強時間を確保する上で大事なプッシュ型とプル型について説明します。

これを読むと時間の使い方が変わると思いますよ。

プッシュ型とプル型の違いとは?

 

まず原則としてプッシュ型とプル型の違いについて理解する必要がありますので説明しますね。

・プッシュ型・・・広告主や発注者が思ったことを一方通行で発信すること。この時は相手のニーズは考えていないことが多いです。

・プル型・・・相手のニーズを踏まえた上で、相手が望むものを提供する形。

簡単にいうとこの形になるのですが、ちょっと理解しにくいですね。

最近で言いますと熊本地震の時に政府がプッシュ型で救援物資を送ったのがニュースで取り上げられていたと思います。

あれは少し特殊なものなので、もう少しわかりやすい例で説明しますね。

プッシュ型プル型

プッシュ型・・これで一番具体例として出るのはテレビ番組やラジオ番組です。

みなさんテレビをつけたら番組は自分で選ぶと思いますが、その選んだ番組はそのまま一方通行で見ますよね。

通販番組がいい例だと思いますが、テレビの向こう側で販売員がテレビや家電を「これは安いですよ!お得ですよ!」と言ってる事が多いと思います。

それを見ていたら「ホンマに安いのか?」とテレビに向かって言いたくなることもあるかもしれません。

しかし、テレビで映っている販売者にそれを言っても販売者に届くことはありませんよね。

ここではテレビを見ているみなさんが商品を選ぶ事ができません。

これがプッシュ型と言って一方的に情報を伝える手段になります。

プル型・・・これはみなさん買い物をする時にスーパーや家電量販店に行くと思います。

一番わかりやすい例が家電量販店なので、そこを例にします。

例えばパソコンを新しくしたい、と思った時にみなさんヤマダ電機やJoshinやパソコン工房などに行くと思います。

そこへ行くとみなさん色々なパソコンを見ますよね。

どのスペックがいいのだろうか?スペックはどうか?はたまたデスクトップかノートPCか?

色々ある商品の中から自分が気に入ったもの、また店員から助言を受けたものをみなさん納得して買っていくと思います。

この色々ある商品の中から選んで納得して買うことがプル型になります。

プッシュ型とプル型の違いを説明しましたが、要は

  • プッシュ型・・一方的に入ってくる情報
  • プル型・・・・色々あるものから自分で選んで判断

ということになります。

これを勉強時間に置き換えると?

 

さて、ここからが本題になりますこのプッシュ型、プル型を勉強時間に置き換えて説明していきます。

勉強時間というのは社会人である以上なかなか確保しにくいものでもあります。

その確保しにくい勉強時間を確保する上でもこのプッシュ型、プル型の違いを理解して時間を有効活用する事で勉強時間を確保する事ができます。

難しい事ではありませんのでみなさんもぜひチャレンジしてみてください。

  • プッシュ型・・・勉強したい内容とかを動画で聞くようにする
  • プル型・・・・・自分で参考書とかを買ってそれを見て学ぶ

簡単にいうとこういう事です。

この中でも私はプッシュ型の勉強法をオススメしております。

特に時間のない社会人の方が勉強時間を確保する上では必須と考えているくらいです。

なぜ参考書を見てするプル型がダメなのか

参考書を見てするプル型の場合、本を開くのに手を使うことになります。

そして本の内容を見るのに目も使います。

さらに内容を理解するために頭も使うようになります。

要は参考書を見て勉強する→それだけに集中する必要があり、他のことができない

という事になります。

時間のない社会人が勉強できない、時間確保できないという根本的理由はここにあります。

私自身、このやり方は時間を確保できませんのでしておりません。

プッシュ型をオススメする理由

そこで私はプッシュ型を断然オススメします。

なぜかと言いますと、プッシュ型で動画を流して片耳イヤホンで聞いて理解する、形にすれば勉強していても使う所は耳と頭だけになります。

例えば電車の中とか家事をしている時でしたら動画の画面を置いてみる事ができますので、その間は目を使った学習もいいかもしれません。

ただ、基本は耳と頭だけで完結します。

1回では理解することはできませんので、同じ動画を10回も20回も延々と流すようにします。

同じ動画を10回も20回も流していたら嫌でも頭に入ってきますよ。

そしたら占めたものです★

頭に入ったら次の動画を見て学んでいってください。

できれば頭に入ってきた時点で自分で話してみるのがさらに良かったりもします。

話す=アウトプットする事になりますので、上手く話す事ができたら完全に頭に入って理解できています。

うまいこと話す事ができない=完全に理解できていないという事ですので、もう少し動画を聞く+時間があれば見て学んでくださいね。

これをする事によってかなり自分自身成長できますよ。

元々人類は口頭で伝承して物事を伝えてきました。

日本最古の歴史書であります古事記もそうです。

これも元々日本の中にあった数々の伝承を稗田阿礼が口頭で言った内容について大安麻呂が文書としてまとめたものになります。

大安麻呂が文章にしたことで神代の代から今の天皇が誕生するまでのストーリーが理解でき、現代にまで受け継がれております。

この原本も今はどこにあるかわからず、写本が現代に伝わっている状況です。

この古事記も元々は口頭で話されていた内容です。

口頭の内容を理解すると言うことは昔ながらのやり方でもあるため、ある意味理にかなっている方法でもあります。

プッシュ型をさらに効率を高める方法

プッシュ型をさらに高めることとして手と目は他のことに集中する事ができます。

なので、例えば食事中に動画プレイヤーを側に置いて聴きながら食べるとか、家事をしている間にワイヤレスで繋いで聴きながらするとか、色々時間を活用するやり方はありますよ。

みなさんの日常の時間を振り返ってみていただいて、限りある時間を有効に活用していきましょう。

私の場合

私がライティングやネットビジネスの勉強をしている動画は携帯に入れ込む事がOKのものばかりです。

なので、私は携帯に動画ファイルを全てダウンロードしてます。

そして、携帯に入れた動画を朝の出勤前の準備時間や通勤中、そして食事中に流して勉強をしております。

平日はこれで4時間半は確保できております。

休日は車で外出する事が多いので、車のエンジンを入れる前に目的地までどれくらいかかるかをある程度測って、かなり長い動画(1時間〜2時間くらいのもの)を再生してから携帯を置いてエンジンをかけて運転します。

運転中は今携帯いじると取り締まりの対象になりますので、絶対にしないでください!

そして、動画終わった頃は運転してても休憩しなさいね、という合図なので、私は動画が終了した時にはどこかコンビニに入ったりして休憩するようにしてます。

その時に動画をリピートしたり設定もできます。

かなりオススメの方法なのでみなさんもぜひしてみてくださいね。

まとめ

  • プッシュ型は一方的に情報が流れてくる事
  • プル型は色々あるものから自分で選ぶ事

これを勉強に置き換えると

  • プッシュ型は動画で聞く事
  • プル型は参考書を使って勉強する事
  • 私は他の事をしながらできるのでプッシュ型をオススメしている

以上、私が限られた時間を有効活用して学ぶ時に重要視していることになります。

みなさんも1日24時間で決まった時間があります。

その決まった時間を最大限有効活用するか、それとも無駄な時間を使って終わりにするか、それはみなさんが決めることです。

しかし、有効活用して、さらに生活にプラスアルファとなる知識を身につけませんか?

それで収入がさらに上がったらより理想的ではありませんか?

その手助けとなる方法ですので、活用していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください