やる気に頼るのではなく習慣化することが大事!その理由は!?

ネットビジネスでも資格でも何か新しいことを始める時にはやる気に満ち溢れているものです。

「これでやったるぞ!」

「1日3記事更新だ!」

という感じでやる気に満ち溢れていたりしますが、そのやる気というのはすぐに無くなります。

私自身やる気はすぐに削げてしまうタイプでしたので、今回はやる気に頼らない方法を紹介します。

やる気に頼らない方法とは?

 

タイトルにも書いておりますがやる気ではなく習慣として身につけて行くことが大事になってきます。

私も経験しておりますが、何か新しいことをするときのやる気って3日、持って1週間くらいしかないですよ。

そんなものに頼ってたら新しいことを初めてはすぐに挫折、を繰り返してしまう人生になってしまいます。

そうならないためにも、習慣として身につけていくことが必要になってきます。

私のケース

私自身ネットビジネスの世界に入った当初はやる気だけでやってました。

やる気だけで進めていくのは最初はいいのですが、早くて3日、遅くても1週間くらいしたらダレてくる時がきます。

実際私自身1週間くらいした時に高熱出してダウンしてしまい、記事の更新ができなくなる時がありました。

「高熱出して倒れている時でも記事を書かないといけない。」

そう思って無理に書こうとしても当然そんな頭ではいいアイデアなんか浮かんできませんよ。

結局そのときは記事をボツにしてゆっくり体を休めることにしました。

それでも「何かはしておかないといけない」という意識が強く働いていたので、とにかくPCを開いて音声だけは聞くようにしてました。

これが結果的にはいい方向に動いてくれたので、今では本当にやる気が出ない時、また風邪ひいて熱を出したときは音声学習をしている日々を続けております。

やる気が本当に出ないときは1歩でもいいので前に進めていくためにも音声学習だけはしておいてくださいね。

ちなみに、最初に無理な目標を立ててすると挫折の原因になりますので、無理な目標設定はしない方がいいです。

例えば、冒頭で挙げた「1日3記事書く」

これは普段社畜として働いている人でしたら1人で書くのには相当無理があります。

まぁ1日3記事以上書けるようにするスキルもあると言えばあるのですが、ここでは自分で書くことにフォーカスしておりますので自分で書く場合は1日1記事にしておくのが無難ですよ。

1日1記事書く、としたら達成できそうでないですか?

達成しやすい目標設定にすることも大事なこととなりますので、達成できそうな目標設定にしてくださいね。

習慣化するために必要な月日とは?

 

習慣化するために必要な月日は人それぞれですが、与沢さんのぶち抜く力の内容を借りてきたら3週間です。

私も記事更新するのが週間つくまでに3週間くらいかかりましたので、あながちこの法則は間違っていないと思っております。

さらにプラスして3週間くらい続けることができたら今度はやらないと気持ち悪いくらいになってきますので、そこまできたら完全に習慣としては身についています。

あとは惰性でもできるようになりますので、まずは3週間、そして身についたと感じ始めたらさらに3週間頑張って続けてみてくださいね。

習慣として身についたら本当に記事を書くにしても動画をあげるにしても苦では無くなりjますよ。

まとめ

  • やる気に頼らずに習慣に頼る
  • 習慣化するまでには大体3週間くらいを見て、さらに3週間見る必要がある
  • 最終は記事を書いていたりしないと気持ちが悪いくらいになったら身についている

悪い習慣は簡単に身についてしまいますが、良い習慣(記事を書いたり本を読んだり勉強たり)という習慣はなかなか身につきません。

それこそ人によっては3ヶ月くらいかかってしまうこともあるかもしれません。

それでも習慣化して行動したらあとは自ずと自然体の記事が書けるようになってきますので、これを読まれている皆さんもまずは3週間頑張ってくださいね。

ちなみに、私自身記事を書く場合そこまで時間をかけないようにしております。

記事にかく=今まで学んだことのアウトプットという意味も含めておりますので。

なので情報発信として書く内容は今まで学んだことのアウトプット、さらには自分の身の回りの出来事(職業知られたくない場合は職業はぐらかす)を中心に書くのがいいですよ。

そうすれば自ずと文字数の多い記事も書けるようになっていきます。

私もこれからどんどん記事を増やしていこうかと思ってますので、応援よろしくお願いします。(応援してくれる人がいたら、、、)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください