行動する上で戦略と戦術の違いとは?ネットビジネスでは重要!

ネットビジネスをする上で重要なことがビジネスマインドをつけることです。

今まで労働者視点で考えてた物事を経営者視点に変えて進めていかなければならないのですが、その過程の1つとして「戦略」と「戦術」の違いについて知る必要があります。

一見同じように見えますが、実は大きな違いがありますので説明していきます。

戦略と戦術の違いとは?

 

まず戦略と戦術の違いについて知る必要がありますが、辞書で調べたら出てくる内容については省略します。

それは各自で見てくださいね。

簡単に申しますと

戦略・・・数ある方法をまとめたもの

戦術・・・ある1つのやり方について言ったもの

と言うことになります。

「何のこっちゃ??」

と思う方が多いと思いますので、具体例を上げて説明していきますね。

歴史上の人物における戦略家

 

歴史上の人物で戦略家と言えば三国志に出てくる「諸葛亮孔明」が有名だと思います。

三国志の話を見てても現代に通じるような戦略が色々出てきます。

例えば、、、

赤壁の戦いの前哨戦で周瑜に10万本の矢を10日で作るように諸葛亮孔明は命じられます。

普通でしたらこの当時の技術で10万本を10日で作るのは不可能です。

この時の武将のほとんどが「10日で10万本は無理だ」と思っていたはずです。

ここで普通の人でしたら「3日徹夜で人海作戦を駆使して作り上げて献上」と考えるかもしれませんが、そんなことをしてたら3日後に戦いが始まった時に兵がやられてしまいます。

これを諸葛亮孔明は「3日で10万本以上の矢を調達する」と言いました。

周りの武将は「嘘だ」と思ったのですが、実際3日で調達します。

その方法ですが、誰もが考えてない方法でした。

諸葛亮孔明がした手段

3日目の夜に濃い霧が発生して諸葛亮孔明は船を出します。

船を20隻用意するとその上に藁人形を大量に乗せて敵陣にある曹操軍の方へ出します。

曹操軍はそれを夜襲と思って一斉に矢を放ち、放った矢が次々に藁人形に刺さり、ある程度の数になった所で反転させて撤収します。

その時に藁人形に刺さった矢が10万本以上あったので、それをそのまま献上して終了と言う話です。

この話からわかること

諸葛亮孔明は気象学にも精通していたのかもしれませんが、普通は一本1本作ることを考えます。

しかし、敵陣から取ってくるというある意味突拍子な方法で兵を温存しながら10万本以上の矢を調達できたこの話は、発想の転換を行ったことにより少ない労力で最大限の効果を発揮した例でもあります。

ネットビジネスに置き換えてみると

 

この話をネットビジネスに置き換えて説明しますと、

ネットビジネスにも色々種類があります。

  • せどり(転売ビジネス)
  • twitterアフィリ
  • youtubeアフィリ(youtuberもこの部類)
  • サイトアフィリエイト

ざっと上げられるのをあげましたが、これ以外にも色々あります。

ネットビジネスにおける戦略

ネットビジネスにおける戦略は、この上記の色々なビジネスの中からどれが一番効率がよいか、そしてリスクが少ないか複合的に判断して選んで実践していくことを言います。

例えば、サイトアフィリ中心にしていって、それにプラスして情報発信にyoutubeを活用していく、などですね。

ある手段を中心にして他の手段を掛け合わせてレバレッジをかけるのも戦略がわかっているからできる手段でもあります。

ネットビジネスにおける戦術

これは簡単です。

例えばこの中で、せどりでしたら

せどりのやり方」を徹底的に追求して他のことを考えない、と言うことです。

ある1つの事柄のやり方だけを注視してやることなので、その分野では専門的になれる可能性があります。

ただし、この方法は大きな欠点があります。

大きな欠点とは?

この場合における大きな欠点は、「そのビジネスがダメになった時に稼ぐ手段を失うこと」です。

例えば過去にはtwitterアフィリエイトが一斉に取り締まりを受けてやられた時期もあるように今は大丈夫でもこれから先どうなるかはわかりません。

1つの手段に依存してたらその方法(せどりだけ、youtubeだけ)とかでもしダメになった時に応用が効きませんので、できれば多角的に見れるようにしていった方がネットビジネスをする上ではリスク分散になっていいです。

まぁ、ネット自体が潰れたら終わりですが、これからの先そう言うことはまず起こらないですし、どれか1つ潰れても他の方法でまた稼いで行けばいいだけです。

まとめ

 

  • 戦略とは、複数ある手段をまとめたもので最適な手段を選ぶ手法
  • 戦術とは、ある1つの手段だけに特化した内容

簡単にまとめるとこうなります。

これからの時代1つのことに依存してたらダメです。

絶対にリスク分散で色々多角的に物事を判断して、1つが潰れても他のことで穴埋めできるようにしていく必要があります。

その点においても、ネットビジネスはかなりレバレッジが効かせれますのでオススメです。

PC1台あれば会社並みのことができる時代になりました。

政府も副業を支援していってますので、これからどんどん副業が増えていってくれればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください