お金を貯める有効な方法とは?月に1万円を削減する方法とは?

今回は、私自身実践していることを交えて「お金を貯める有効な方法」についてご紹介します。

お金を貯めるのに苦労されている方も多いと思いますので、参考にしてみてくださいね。

動画でも紹介しております。

お金を貯めるためにするべきことは?

 

まず、お金を貯めるためにするべきことは何だと思いますか?

パッと出てこない方は、これを見てくださいね。

日々の生活での支出を把握する

まずは、日々の生活での支出を把握してください。

皆さんが1ヶ月生活していて、どれだけ支出しているか把握できていますか?

把握できていない方は、まず何やかんや買い物すると思います。

買い物とか、マンションに住んでいたら借家などの家賃もあると思います。

そういうものを一切合切集めてきて、日々の生活の支出を把握してください。

この中で、固定費や流動費などがあります。

まず、固定費というのは、毎月ほぼ決まった額で出ていくものになります。

流動費というのは、毎月ではないのですが急な出費とかで出ていくものと考えてください。

固定費
  • 借家(家賃)、共益費
  • 持ち家なら固定資産税、リフォーム代
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 通信費(スマホ、家のネット)
  • 日用品代
  • 生活保険代
  • 食費

まず、固定費の代表的な物といえばマンションなどの借家で暮らしている方、賃貸住宅ですね。

賃貸住宅で暮らしている方でしたら、マンションの家賃、共益費、車を持っている方でしたら駐車場代も入ってきます。

そして、自分の家を持っているという方でしたら、固定資産税がかかってきます。

また、持ち家って10年に1回くらい塗装の塗り替えなどのメンテンスが必要になってきます。

あとは、リフォーム代もかかったり、場所によっては町内会費など色々と出ていくものもあります。

その辺りを一切合切、固定費の中に入れてください。

それ以外で言うと、電気代、ガス代、水道代、通信費(スマホや家のネット代)です。

日用品代と言えば、例えばトイレットペーパーやティッシュなどの生活必需品ですね。

それと、みなさんも生命保険に入っていると思いますが、生命保険も1年でどかっと払うタイプか月々払うタイプがあると思います。

生命保険には色々ありますが、この辺りは月で払う固定費として考えてください。

あとは、食費です。

食費は流動的な部分もありますが、一応固定費の中に入れておきます。

以上、ご紹介したのが固定費となります。

次は、流動費についてご紹介します。

流動費
  • 交際費
  • 冠婚葬祭

例えば、高校の時の同級生が帰って来ているから、久しぶりにご飯食べに行こうと誘われてご飯を食べに行くなどが交際費になります。

あと、交際費に関係していますが、冠婚葬祭費用も流動費です。

冠婚葬祭って、いつ来るか分からないですよね?

特に、お葬式などは急に舞い込んで来るものなので、急な出費として必要になってきます。

この辺りは、予測が出来ないところになってくるので、流動費として考えてください。

という感じで、まずは日々の生活での支出の中から固定費と流動費を分けて考えていくのが大事になってきます。

これは原則なので、覚えておいてくださいね。

そして、これを算出したら、その中で削減できる物は、どんどん削減していくのが必須になってきます。

その中から削減できるものを削減していく

先ほど紹介した固定費の中で、一番削減しやすいのは、どれだと思いますか?

「あ、これだろうな!」という物を思い浮かべられる方もいらっしゃると思います。

私が思うやつを挙げてみますが、これが正解というわけではありません。

皆さんが、それぞれ考えていることは、ある意味方向として正しい時もあります。

なので、私が言うやつは1つの参考として捉えてくださいね。

実際に、私が実践していることをご紹介します。

借家と持ち家で共通していること
  • 通信費を削減する
  • 電気を新電力に変える

固定費の中で、一番削減しやすいものは通信費です。

本当に、通信費が一番削減しやすいところですよ。

例えば、家族がいらっしゃる方は、お父さんが某大手Dから始まる会社のところ、お母さんが某大手Aから始まる会社、そして、子どもが某大手Sから始まる会社など、家族全員がバラバラで、家のインターネットは某大手Nから始まるなど、全部がバラバラの所ってありますか?

この通信費が携帯と家のネットがバラバラというのは、一番損してます。

私自身、最初はこんな感じでバラバラだったんですよ。

結婚した当初は、家族みんなバラバラの状態で家のインターネットもバラバラでした。

なので、通信費だけで2万円ちょっとかかってました。

「通信費だけで月2万って、かなり高いな〜。」

と思っていました。

この時は、まだ20代半ばだったので、結構生活にカツカツでした。

結婚してすぐは、結構カツカツな場合が多いのですが、通信費だけで2万はキツかったです。

なので、まず通信費を削減する方向に行きました。

私の場合「俺が通信費払うから、携帯会社変えてくれ。」

と何度も妻に頼み込んで、携帯会社を変えてもらいました。

私と同じ会社に変えてもらったのと同時に、家のインターネットも携帯の会社を変えるのと同時にセットで変えたんですよ。

私は、今借家に住んでいるので、借家限定の話になりますが、Mという所で契約したんですよね。

当時、私はWiFiを持っていたので、携帯が3つある状態でした。

それにプラスアルファで、家のネットも同じところにしたら、家のネット代がほぼ無料になるプランがあったんですよ。

なので、家のネット代が無料になるプランにしたら、通信費が月2万円だったのが1万2000〜3000円くらいになりました。

変更する前と比べたら、通信費だけでも9600円、約1万円くらい削減することが出来ました。

月1万円も削減できたら、かなり大きいです。

日々の生活の中で、一番削減しやすいのは通信費です。

なので、まずは通信費を削減することを優先的に考えてください。

そして、通信費を削減した後、何をやったのか?というと電気代です。

みなさん、インフラ関係で某〇〇電力という所で契約していませんか?

今の時代、〇〇電力でそのままにしているのは、ちょっと勿体無いですよ。

というのも、今は新電力という物があります。

この新電力という物に変更すれば、会社よっては、かなり安くすることができます。

この場合は、借家か持ち家かでプランが変わってくるので、それぞれ皆さんに合ったプランで契約することが必要になってきます。

私の場合は借家だったので、借家でできる範囲で一番安いところで探したら、良いプランがあったので即効変えました。

そしたら、従来型の電力会社である〇〇電力よりも月に1000円くらい安くなりました。

夏場であれば、2000円くらい安くなる時もあります。

そんな形でやって、従来型に比べたら月1万円くらいは削減できます。

なので、こんな感じで削減していくのが大事になってきます。

ちなみに、この新電力は持ち家の場合、ガス代とセットにしたら、もの凄く安くなるプランもあります。

持ち家の方でしたら、ガスをLPか都市ガスかで変わってきますが、電力とガス代をセットにしたら安くなるプランもあります。

なので、持ち家の方でしたら、こういうのも考慮してやってみるのも良いと思いますよ。

私が住んでいるところに関しては、それほど削減できる状態ではなかったので、そのままにしています。

地域によっては、ガス代もだいぶ削減できるところもあります。

ガスも電気代と一緒で新電力のように第三者が入っているところもあります。

なので、それは皆さんが住んでいる地域によって変わってきますので、それは皆さん各自で調べてください。

ちなみに、私が住んでいる所のガス代の値段は、あまり変わらなかったです。

これらを削って、次に削れるのは食費になってきます。

食費は削り過ぎたら体を壊したりする可能性があるので、あまり削り過ぎるのはオススメしません。

例えば、毎日モヤシとご飯ばかりの生活というのはやめてくださいね。

それをすると、体壊しますよ。

体を壊したら、医療費などの出費がかかるので意味ないですよ。

なので、体を壊さない範囲で、食費は削れる範囲で削っていくのが必須になってきます。

そして、さらに言うと生命保険代です。

皆さん、会社とか社畜で働いている方の場合、保険屋さんが営業で

「もし働いていて何かあったら、どうするんですか?」

「何かあったら、残された家族やお子さんに負担がかかりますよ。」

「何かあった時のために、生命保険に入りませんか?」

という感じで営業を受けて、保険に入った方いませんか?

「他の方も加入されてますよ。9割くらいの方がこの生命保険に入っていますよ。」

みたいな感じで言われて、仕方なしに入った方も多いのではないでしょうか?

正直、生命保険代って無駄です。

というよりも、この生命保険代ってぶっちゃけた話、生命保険が儲かるために洗脳してやっているものです。

この生命保険って、何か病気などをして入院しても、何やかんや入院費用の限度額申請制度などがあります。

一定額以上はお金を取らないなどの制度もあるので、そういう形でやっていけば、ある程度入院費用を抑えることもできます。

この生命保険を2つも3つも入っている方は、完全に無駄ですよ。

なので、最低限1つはあってもいいかな?と思いますが、1つあれば十分でそれ以外はいらないです。

生命保険を2つも3つも入っている方は、どれか1つだけ残して残りは解約してください。

ぶっちゃけた話、生命保険会社が儲かるために生命保険があるので、生命保険に搾取されると思ってください。

それだけ、生命保険は無駄なものです。

不安だと思っている方は、最低限、何かあった時のために、1つくらいは残しておいてもいいのかな?とは思います。

これも、ある意味生命保険会社から洗脳を受けてはいますけど。

私は、1つも生命保険は入っていません。

まあ、何かあって入院したとしても、申請すれば一定額以上はお金を取られない制度があるので入ってません。

という感じで、削減できるところは、こんな感じです。

借家限定のやり方

そして、借家限定になりますが、家賃が高いところに住んでいる方は安いところに引っ越すのもアリです。

固定費で何が一番でかいかといえば、家賃です。

家賃で一番重要なのは、日々の月収の3分の1に抑えておかないと後々の生活に厳しくなってきます。

もし、家賃だけで収入の半分を超えている場合は、収入に見合わない生活をしているので、引っ越しして家賃を落とす必要があります。

「家賃を落としたら、良いところに住めない。」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、生活の質を求めてカツカツな生活をするのでしたら、ある程度は我慢して生活の質を落としてでも、家賃を落として行くことが重要になってきます。

「家賃を落とすと言っても、子どもがいるし心配なんだけどな。」

という方は、マンションを探すときにRC(鉄筋コンクリート)という所に住んでください。

RC(鉄筋コンクリート)の所に住んでいたら、だいたい騒音はマシになります。

物件によってはケースバイケースですが、だいたいRCでしたら馬鹿騒ぎしないのであれば響くこともないので心配しなくてもいいです。

一番最悪なのは、木造住宅です。

木造住宅は、かなり響きますよ。

私も、実際に木造住宅を見に行ったことがあるのですが「こんな響くのか。」と思ってやめました。

なので、子どもがいて心配という方はRCの家に住むのが良いのかな?と思います。

ちなみに、不動産会社って色々ありますよね。

私自身、色んなマンションに点々とした中で思ったことがあります。

不動産会社の中で、Rから始まるところはやめてください。

Rから始まるところは、結構壁が薄いです。

RCとかでも、結構音が響きます。

なので、Rから始める会社のところでは住まない方が良いのかな?と個人的に思いました。

それ以外は、Dもあんまり良くないので住まない方が良いのかなと思います。

Dは、どちらかと言うと地方にたくさんあるので、調べたらいっぱい出てきますよ。

というよりも、Dは物の割に高いので、あまりオススメしません。

実際、私はマンションを探すときにR社とD社は絶対に避けてます。

ということも、D社はロクなところがないです。

個人的にD社は大っ嫌いですが、これ以上言うと愚痴になってしますので止めておきます。

ということで、こんな感じで生活費を削っていくと、だいたい月1万円ちょっとくらいは削減することは十分に可能です。

中には、1万2000円くらい削減できる方もいらっしゃると思いますが。

こんな感じで削減していけば、お金が増えますよね?

削減した分、余裕が出てきた分

「家族で美味しいものでも食べに行こう。」

「家族で旅行しよう。」

と思ったらダメですよ。

これをしたら、せっかく削減した分の意味が無くなってしまいます。

貯めるだけではダメです。

貯めるだけではダメ

 

ある程度、お金を貯めておくことも必要ですが、貯めてずっと置いておくだけでは死に金になってしまいます。

死に金になってしまうので、貯めておくだけでは価値を生み出すことはできません。

お金って、ある程度循環させることが大事なんですよ。

ただ、この循環の仕方も浪費はダメです。

例えば

  • 貯めたお金で家族と豪華な食事に行く
  • 旅行に行く
  • 自分の遊び代に使う(特にギャンブルは禁止)

キャンブルに使うのは、愚の骨頂ですよ。

なので、浪費ではなく、この貯めたお金を投資に回していくのが大事になってきます。

「じゃあ、投資って何なの?」

と思う方もいらっしゃると思います。

投資と聞いてパッと思い浮かぶのは、株式や投資信託などその辺りが出てくると思います。

ただ、株式投資とか投資信託というのは、月1万2000円とかで半年やっても5、6万しかならないんですが、そんな状態で始めても得になりません。

株式投資とかって、資産でいうと3000万や5000万くらいないと旨味がないです。

それくらいに達するまでは、株式投資や投資信託はやるだけ損です。

「じゃあ、何をすればいいの?」

と思うかもしれませんが、お金の有効活用をしていく必要があります。

お金を有効活用しよう

初期投資がほぼかからないネットビジネスがオススメ

今、社畜の方でしたら社畜の収入にプラスアルファで何かできないか?というのを目指してやっていく必要があります。

このプラスアルファで何かするために、捻出したお金を使っていくのが大事になってきます。

その中で、何がオススメなのかと言うと、初期投資がほとんどかからないネットビジネスをおすすめしております。

ネットビジネスの何が良いのかというと、PCが1台あればできるということです。

今の時代、家にパソコンが無いという方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。

何かしら、パソコンは1台あります。

パソコンが無いという方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホやiPadならありますよね?

最悪、スマホやiPadでもできます。

そういった形でパソコンが1台あればできますので、ネットビジネスをやってお金を増やしていくやり方が良いです。

特に、サイトアフィリエイトがオススメ

ネットビジネスには色々種類がありますが、私が個人的にオススメしているのはサイトアフィリエイトです。

なぜ、サイトアフィリエイトが良いのかと言うと

  • 初期投資にあまりお金がかからない
  • 成功したら、社畜の収入を超えることができる

などの理由があるからです。

初期投資に必要なのは、サーバーとドメインです。

この2つを合わせても、だいたい年間2万くらいです。

先ほど紹介したように、月1万くらい削減できたら2ヶ月で用意できる金額ですよね?

そして、交際費も減らしたら2万円くらいなら、すぐに用意できますよね?

年間2万円でできるビジネスは、そんなに無いですよ。

なので、初期投資にあまりお金がかからないビジネスをやっていくのが重要になってきます。

まずは、初期投資にあまりお金がかからないサイトアフィリエイトとかで成功体験を積んで、ある程度資産ができたら投資に移るのが大事になってきます。

また、サイトアフィリエイトも成功したら社畜の収入を超えることができます。

社畜の収入って、だいたい20万〜30万くらいが平均値になると思いますが、正しいやり方でやっていけば、1年くらいで簡単に超えることができます。

なので、そういった形でやっていけば、社畜の給料を超えるので、生活にも余裕が出てきますよ。

ちなみに、サイトアフィリエイトが何かについて簡単に紹介しておきます。

サイトに読者がくる→読者がその商品を見て買う→売り上げの数%または一定額がサイト運営者に入ってくる

という仕組みになっています。

インターネットの広告業と考えて頂ければと思います。

サイトアフィリエイトにも欠点はある

サイトアフィリエイトで成功したら社畜の収入を超えることができますが、欠点もあります。

それは、成功するまでに時間がかかるということです。

成功するまでに1年くらいはかかります。

なので、続けられずに辞めてしまう方が95%〜96%近くいます。

最初の頃は「うぉぉぉーーーー!やってやるぞーーーー!」と思いますが、だいたい3日でやる気が燃え尽きてしまいます。

やる気をずっと継続させてやっていくのが重要になってきます。

この継続させてやっていく力、くじけない力を身につけるのが重要なのですが、この継続させてやっていくのが難しいので、強制的にやらざるを得ない状況に持っていく必要があります。

「強制的にやらざるを得ない状況って何?」

と思うかもしれませんが、私がおすすめしているのは外注化です。

外注化をしたら強制的な状況に持っていけます。

なぜかと言うと、外注化をすると外注さんが記事を納品してくれます。

発注者は、外注さんが納品してくれた記事をチェックしないといけないですよね?

それに、外注さんから質問が来たら質問にも答えないといけないです。

こういった形で、自分が強制的に関わらざるを得ない状況に強制的に持っていくのが大事になってきます。

強制的に持っていくことができたら、自然と続けていくことができます。

なので、そういった形でやっていけば自然とできるようになっていきます。

ちなみに、外注化が難しいなと思うかもしれませんが、一回やってしまえば簡単ですよ。

「外注化って、どうすればいいの?」

と思う方は、他に動画を紹介しておりますので、その動画を参考にしてください。

そしたら、何となくはできると思います。

まとめ

お金を貯めるためにするべきこと
  • 日々の生活での支出(固定費と流動費)を把握する
  • 固定費と流動費の中で削減できるものを削減していく
  • 一番削減しやすいのは、通信費
  • 通信費を削減したら、次は電気を新電力に変える
  • 持ち家の場合は、電気とガスがセットになっているプランがオススメ
  • 借家に住んでいる場合は、家賃を収入の3分の1に抑えること
  • 収入に見合った生活をするために引っ越すのもアリ
ある程度お金が溜まったら
  • 投資に回していくこと
  • 初期投資があまりかからないネットビジネスを始めよう
  • ネットビジネスの中でもサイトアフィリエイトがオススメ
  • サイトアフィリエイトで成功したら、社畜の収入を超えることができる
  • ただし、成功するまでに1年ほどの歳月がかかる

今回は、私自身実践していることを交えて「お金を貯める有効な方法」についてご紹介しました。

サイトアフィリエイトで、どんどん稼いでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください