仕組み化をする上で共有することは大事!その方法とは?

私自身外注を行ってビジネスを展開して行っております。

現状で90人近くの人を一人で管理しておりますが、その仕組み化をする上で共有することがかなり大事になります。

その共有することの大切なことに付いて紹介していきます。

なぜ仕組み化をする上で共有することが大事なのか?

 

これは皆さんの生活に当てはめて考えたらすぐにわかると思います。

例えば、綺麗な花が咲いている所を友人数人に紹介したい場合、皆さんはどうされますか?

行ったことのある方でしたら綺麗な花が咲いていた写真を見せて

「こんな綺麗な花が咲いているから今度一緒に行ってみようよ」

という感じで話していくと思います。

これが行ったことない場所であっても今の時代ネットで調べたら出てきますので、その画像を引用して紹介していくと思います。

友達数人でしたらこの方法で大丈夫ですが、もしこれが50人近く、しかもあちこち離れている人に説明する場合、どうしますか?

こういう風に言いますと、ほとんどの方は今の時代

「グループラインで返事する」と言うと思います。

しかし、その50人全員がラインを入れてなかったら・・・。

これを伝える方法は50人に郵送で案内を送るか、50通分のメールを送るような事態になります。

そして、それを送ったら何人かから質問がきてさらに連絡する、、、

こんなエンドレスなことをしてたら時間の無駄になりますよね。

私自身昔はこれに近いことをしていて無駄な時間を結構過ごしてました。

私が実際にネットビジネスでした仕組み化の1案

 

私自身ネットビジネスを始めたすぐには外注さんからの質問に対して1人1人にメッセージを送って返信してました。

しかし、40人中30人くらいが同じような質問をしてきていたことがあったため、そのために返信をうつ時間がめんどくさく感じてました。

その内容自体は3分くらいで打てますので、

3分×30人=90分(1時間半)

これだけの時間を機会損失してますよね。

これ結構無駄ですよ。

その対策として私が実践したことが動画を撮影しそれを外注さんの皆さんに共有したことです。

今の時代PC1台でそこそこの動画を撮影することができます。

特にネットビジネスの質問回答くらいなら内蔵マイクとかで十分対応できますよ。

それで5分くらい作業して、youtubeで外注さんに共有すると言うやり方を実践した所ほとんどの方がそれを見てくれたおかげで、その質問はほとんど来なくなりました。

※今でもたまに来ますが、「動画を見てください」の1言で終わりますので、以前と比べたらかなり労力が省かれてます。

この経験から学んだこと

ネットビジネスで言えていることですが、何かわかりやすく説明するときには動画撮影して共有させた方が良いなと感じましたね。

最初動画撮影する方法に付いて勉強しないとダメなので、回答送るよりも時間はかかります。

しかし、1度公開してしまったらあとは自動で動画を見ている方に説明をしてくれます。

これは時間を有効活用する上でかなり重要な方法ですよ。

先の花の説明に付いても最初何か携帯で動画を撮ってそれをyoutubeで共有させておけば、後は「詳しくはyoutubeを見てください」にして1言くらいのメールを50人近くにコピペで送れば終了ですよ。

「文章を1から打てばいいんじゃないの?」

という声が出てきそうですが、基本文章だけでは伝わりきれない部分があります。

私もネットビジネスで最初はPDFファイルを作って配布したりしましたよ。

しかし、それでも質問が来る時がありました。

このことからも文章だけでは伝えきれないことがある!と言うのは身をもって感じております。

そう言う時はやはり動画で伝えるのが一番相手に伝わりやすいですよ。

今の時代お手持ちの携帯でも普通に動画取れますので、興味を持ったこととか普段から動画撮ってみてするのもいいかもしれないですね。

それを自分で処分するのもよし、youtubeにあげるのもいいですし。

まとめ

 

  • 文章だけでは相手に完全に伝わらないことがある
  • そう言う時には動画で伝えるのが最強である

以上、仕組み化する上で共有させる大事な方法に付いて紹介しました。

本当にyoutubeで共有することって便利ですよ。

そしたら半永久的に言いたいことを自分の時間を拘束されることなく説明できます。

そして何回か回数重ねると実際上手くなりますので、最初は恐れずに挑戦していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください