経営者が重要視するべき要素は3つある!その3つとは何か!?

ブログ運営の場合、外注さんを雇って書かれている方もいると思います。

外注さんを雇って書く時点で経営者になりますね。

今回は、外注さんを雇って運営をしていく中で必要な要素を3つ紹介します。

これを知っているか知っていないかで今後に差が出てきますよ。

経営者が知るべき3つの要素とは?

1 マーケティングすること

最初にして一番重要な部分になります。

経営するにあたってはその分野が本当に大丈夫かどうか、十分リサーチしてから設計していきますよね。

例えば、飲食店を開業する!と考えた場合はだいたいこのような流れになるかなと考えております。

  • どんな飲食店にするか
  • どんな商品を用意するか
  • どこに店を出すか
  • 開業をいつにするか

本当はもっと深いと思いますが、表立って上がるものだけ紹介しました。

これをサイト運営について考えていきますと

  • どのジャンルで行くか
  • 何記事くらい入れる予定か
  • やろうとしているジャンルのライバルはどんな感じか
  • 記事のキーワードを選定

ここまでが準備段階になってきます。

というよりサイトの運営の場合、この箱の部分がしっかりしてたら少しのことではブレることはありません。

2 人を管理する

箱ができたら次はそこに人材を入れて行って管理していくことになります。

ここは会社がいい例になりますね。

社会人でしたら会社で働いている方が多いと思いますが、その会社が箱になります。

その箱の中でそれぞれ役目を与えられてみなさん働いていると思います。

その役目の部分がサイト運営でいきますとキーワードになります。

そしてどこの会社でもあることですが、働いていたら抜きん出た才能を発揮する人、また平凡な人、中には音信不通になる人、色々いると思います。

その中でも才能を発揮した人にはさらに伸ばしてあげれるようにサポートし、音信不通者には声をかけて続けるか、それかそのまま終了するか判断していくようになります。

これも1人でしてたら大変なので、抜きん出た才能を発揮した人数人でカバーしあっていくのがかなりいいやり方になります。

実際私の所でもサイト運営にあたって、通常の記事作成者の上に添削者を作っております。

その添削者が周りをみてくれるようになりますので、私自身かなりありがたい存在になっております。

私の経験則ですが、大体1人でこと細かく見ることができるのが5人までなのかな?と感じてます。

私自身運営していく中で添削者は最大5人程度で抑えるようにやって行っております。

3 お金を払う

私の場合20記事やっていただいているのですが、この20記事を達成したらお金を支払う必要があります。

これも経営者としてしなければいけない仕事になります。

このお金を払う手続きはクラウドソージングを使えば手軽にできるので、私はクラウドソージングを介してお金を支払っております。

私自身学ぶこともある

 

今外注さんを150人ほど雇っていますが、本当に私自身学ぶことが多いです。

私もたまに記事作成したりしてますが、その時に文法上おかしい所があったり、またさらに良い表現を外注さんからアドバイスをもらえたりします。

このような形でお互いに学び合って成長していく場を提供していくことで、さらにチーム内の結束が増すことになります。

こういう形でどんどんと良い形でのスパイラルへ持っていけるように頑張ってくださいね。

経営する上での大事な3要素のまとめ

  • マーケティング
  • 人を管理する
  • 契約金支払う

外注を初めてすぐの頃は覚えることもたくさんあり、さらに外注さんにも指示を出さないといけないので本当にしんどい時期になります。

最初の2ヵ月くらいは本当にしんどいことが続きますので、そこはグッとこらえてくださいね。

ある程度自分自身でのサイクルが出来上がると後はかなり楽になります。

そうなってきたら、今度は経営者しかできないマーケティングと分析に尽力していってサイトをどんどんよいものにして行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください