お金を使うのが怖い!!怖い理由は?その恐怖を取り除く方法とは?

今回は「お金を使うのが怖いということ」について、私の主観を交えてご紹介します。

どういった原因でお金を使うのが怖いのか、それに対してどう対応していけばいいのか?について紹介していきます。

動画でも紹介しております。

お金を使うのが怖い理由は?

 

まず、お金を使うのが怖い理由は色々あります。

人それぞれ環境によっても違うのですが、主に出てくるのはこういう理由だと思います。

急な出費が発生したらどうしようかという不安

これは、社会人の方によくあることです。

職場で知り合いが結婚、出産したときにお金を出さないといけないっていう風潮がありますよね?

特に結婚の場合「結婚式に出席してください」と頼まれたら行く方も多いと思います。

職場でなくても、高校の同級生とかから結婚式の案内が届いたら行きますよね。

その場合、だいたい3万円くらい飛びます。

さらに、遠方で行う結婚式に参加する場合は飛行機代に宿泊費代までかかって、お金がどんどん飛んでいきます。

こういうのは、20代や30代はよくあることなので、いきなり呼ばれたらお金を用意しないといけない状況になります。

これ以外に急な出費として考えられるのは以下の2つです。

  • 交通事故に遭遇して車の修理代がかかった
  • 病気になって通院することになった

まず、交通事故に遭遇して車の修理代がかかった場合です。

交通事故でなくても自損事故も含みますが、車を所有している方は基本的に車は生活必需品になってきていることが多いです。

また、自分は安全運転で運転していたとしても不可抗力で交通事故に遭遇することもあります。

例えば、後ろの車が居眠り運転していたり、前の車が脇見運転していたなどです。

このような場合、車の修理代でお金がかかることもあります。

ちなみに、私も昔はよく自損事故でお金がかかりました。

あと、これは全世代に当てはまると思いますが、病気になって通院することになった場合です。

入院することも含みますが「俺は健康じゃ!」という方は、まずいないです。

生きていたら、必ずどこかで入院することはあります。

また、入院だけで終わったら良いですが、場合によっては手術することもあります。

手術すると、さらにお金がかかります。

高額な手術をするとなった場合は、かなり困りますよ。

こんな感じで、急な出費が発生したらどうしようか?と悩む方は多いと思います。

ちなみに、私も今までの人生で2回手術しています。

2回目の手術は大した金額ではなかったですが、1回目の手術は全身麻酔だったので40万近くかかった記憶があります。

それも、20代のときだったので、かなりの出費でした。

そんな感じで、急な出費が発生したらどうしようか?と不安になることはよくありますよ。

奨学金の返済がある

上記以外の理由では、大学生や専門学校で奨学金を借りる人は多いと思います。

奨学金を借りて、大学や専門学校を卒業して働くようになったら一定の期間返済しないといけません。

それが、月にいくらと決まっていて毎月の固定費として減っていくことになります。

この返済の影響で自由に使えるお金が少ないという方も、結構いらっしゃいます。

車のローンの返済がある

田舎だと、車のお金もかかります。

一括で買えたらいいのですが、一括で買えない方も多いですよね。

その場合、ローンで車を買うと思うのですが、そのローンの返済で四苦八苦している方も多いと思います。

「最初から、高い車を買わなければいいんじゃないの?」

と思う方も多いと思いますが、最初は見栄を張って高い車を買ってしまう方もいます。

私もそうだったので、人のことは言えませんけど(笑)

なので、奨学金と車の返済の二重ローンは最悪です。

二重ローンになったら、本当に生活が四苦八苦になりますよ。

では、そもそも何でこんな不安が出てくるのでしょうか?

お金に関する教育を受けていないため

それは、お金に関する教育を受けていないからです。

みなさん、学校でお金の教育を受けましたか?

まず、学校教育でお金に関することって学んでないですよね?

お金を教育を受けていないので、どんな感じでお金が貯まって、どんな感じでお金を使えばいいのか?と考えるマネーリテラシーが無いです。

なので、お金を使うことに対する不安が強いという感じになってきます。

特に影響を受けるのは、親世代からです。

親からは、お金は貯めるものだ。無駄遣いしたらダメだと、ずっと言われたら洗脳されるんですよね。

洗脳されると、お金は何かあった時に貯めておかないといけない。

無駄遣いをしてはいけないと思い込んでしまいます。

それはそれで良くないので

使うところは使う。使わないところは使わない。

とはっきりしておく必要があります。

と言っても、親世代もお金に関する教育は受けていないです。

親世代は、どうやってお金のことについて学んだか?というと、親世代(祖父母)です。

この祖父母の世代になってきたら、本当に古い考え方になります。

基本的に、その世代は踏襲していると考えてください。

ちなみに、私は30代ですが、親の世代は60代、祖父母の世代は90代という戦争を体験している世代になります。

戦争世代になってきたら、基本的にお金というのは使うな。貯めろという考えで教育されています。

戦時中のスローガンを見ると分かります。

「欲しがりません。勝つまでは」

などの、あの辺りを見ると分かります。

その頃は、本当にお金を貯めるのが大事な時代でした。

ただ、この辺りは歴史的な観点が含まれてくるので、ちょっと省略しますが

簡単に言うと、戦争のときってお金が足りなかったんですよね。

お金が足りなかったので、政府はどうやって戦争のお金を工面しようと思ったのかと言うと

国民に貯金をさせて、そのお金を戦争に使ってました。

そのために、このスローガンでは、敵国に勝つためにお金を貯めよ。とか毎日倹約!など

そんな感じでスローガンを掲げて国民にお金を貯めるように教育してきたという経緯があります。

そんな洗脳教育を受けているので、特に90代はお金を貯めるのが当たり前という考えになっています。

その考えを受け継いでいるのが、今の50代や60代なので、その影響を受けてお金を貯めるという考えになっています。

元を辿れば戦前の教育、戦前の日本の政策の考え方が根本にあります。

ただ、こんな考えでいけたのは高度経済成長のときくらいまでです。

これからの時代、そんな考えていると、かなり危ないです。

まず、お金を貯めるだけでは豊かな生活を送ることなんて出来ませんよ。

今は、消費税や税金などが、どんどん上がってますが、それに対して収入は、どうなってますか?

収入は増えてないか、平行線か減ってるかだと思います。

この物価の上昇と給料が比例していないので、どんどんジリ貧になっているのは目に見えています。

これから先、どんどん広がっていくので貧富の格差も広がりますよ。

なので、昔の親世代のように貯めたら良いという考え方でいると、物価の上昇と給料が比例していないので、将来的にジリ貧になっていくのは目に見えています。

じゃあ、どうすればいいのか?という対処法についてご紹介します。

怖いのを取り除く方法は?

本業にプラスして副業して稼いでいく必要がある

仕事をしている方、大学生も含めますが

本業にプラスして副業して稼いでいく必要がこれらかの時代に必須になってきます。

「え?仕事を終わった後にアルバイトしないといけないの?」

「そんなことしたら、体が持たない。」

と思う方が多いと思いますが、労働で稼いだらダメですよ。

労働で稼ぐということは、自らの身体を使って働くことになります。

そんなことをしていたら、一生幸せにはなれません。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?

お金はある程度使わないと戻ってきてくれない

それは「お金に働いてもらう」ということです。

まずは、スモールビジネスから始めましょう。

本業で多少稼いだお金があれば、そのお金をどんどんネットビジネスに投資をしていきます。

お金を貯めたままではダメですよ。

貯めたままだと死に金になってしまいます。

基本的に、お金は動いてくれる所に戻ってきてくれます。

ずっとお金を置いていたら、何かあった時にドカンと使うじゃないですか?

でも、そんな使い方をしているとお金は戻ってきてくれません。

お金というのは、どんどん動かして循環させるのが良い方法です。

お金には、そういう習慣があると何かの本に書いてありました。

基本的に、お金は多少のリスクのために残しておく必要はありますが、どんどん使って回していくのが良いです。

じゃあ、どうやってお金を使えばいいのか?

それは、ネットビジネスです。

なぜネットビジネスがいいのか?

PC1台あればできる

ネットビジネスは、パソコンが1台あればできるので、初期投資が他の物に比べたら格安です。

副業には投資を含めて色々ありますよね?

基本的に投資で副業する場合、株式投資や投資信託、FXが出てくると思います。

ですが、いきなり副業として、株式投資や投資信託をするのはオススメしません。

あれは、お金が3000万〜5000万以上ないと旨味はありません。

20万や30万でやっても損するだけです。

なので、投資という観点で言うと資産が3000万か5000万あればやっても良いと思います。

今、手元の資金が100万しかない場合という状態でしたら、株や等愛信託はオススメしません。

それでしたら、ネットビジネスにお金を投資して、0から100に増やしていって

ある程度お金が溜まってから、株や投資信託に回していくのがオススメです。

このようにお金を循環させていくのが、良いやり方です。

また、ネットビジネスで成功したら社畜の給料を超えるのは可能ですよ。

もちろん成功したらの話ですが。

ただ、成功するにはかなりの苦労をする必要があります。

じゃあ、ネットビジネスの中で何がいいのでしょうか?

特にサイトアフィリエイトがオススメ

ネットビジネスにも色々種類はありますが、特にサイトアフィリエイトがオススメです。

まず、サイトアフィリエイトって何?と思う方に、一応ご説明します。

サイトアフィリエイトというのは、簡単に言うと

  1. まず、サイトを作ります。
  2. そのサイトの中で商品を紹介する
  3. その商品を見た読者が商品を気にいったら買ってくれる
  4. 買ってくれた分の売り上げの数%〜一定額がサイト運営者に入る

つまり、ネットの広告業のようなものです。

なぜ、このサイトアフィリエイトが良いのかというと、一度公開された記事は資産になります。

資産となって残るので、サイトを運営している限り、ずっと残ります。

ずっと残りますが、ライバルがどんどん増えているので、ある程度はテコ入れをする必要があります。

なので、ずっと放置できるわけではないので、テコ入れしてメンテナンスをしないといけません。

一度公開したら、どんな感じで増えていっているのか?を見ていけばいいです。

他の労働で稼ぐよりかは、ずっとマシです。

また、サイトアフィリエイトのメリットは、初期投資がほとんどかからないことです。

サイトアフィリエイトをするのに必要なのが、サーバーとドメインです。

このサーバーとドメインは、年間で2万円くらいあれば十分です。

年間2万円で1つの会社を持てるようなものですよ。

他に、こんなビジネスは無いです。

そして、成功したら社畜の給料以上を稼ぐことも可能です。

また、成功したらの話になりますが。

実際に、サイトアフィリエイトが成功したら、億で稼ぐのはかなり厳しいですが

だいたい社畜の給料って、18万〜30万くらいですよね?

18万〜30万くらいであれば、軽く超えていきますよ。

選んだ商品とやり方にもよりますが、月収100万円くらいでしたら、サイトアフィリエイトでも十分可能です。

こんな感じでメリットばかり話していますが、もちろんデメリットもあります。

それは、稼ぐまでに時間がかかるというのが最大の欠点でもあります。

基本的にサイトを作って3ヶ月は廃校の中で商売しているものなので、ほとんど人は来ません。

ほとんど人が来ないので、この期間を耐え続けていくのが大事になってきます。

そして、正しいやり方で続けるのが必須なんですが、これが難しんですよね。

3ヶ月間、廃校の中で商品を売り続けるような状態なので、これに耐えきれずに辞めていく方が多いです。

実際に、3ヶ月以内に辞めていくのが95%いるような世界です。

そして、挫折した99%が継続できなくて挫折しているので、逆に挫折せずに正しい方法で継続できたら、成功に近づけると考えてもらって大丈夫です。

じゃあ、正しいやり方って何なの?と思う方もいるので紹介します。

まず、サイトアフィリエイトで売る商品のことについて、きちんと知っておかなければいけません。

その商品が、どんな客層に対して、どんなターゲットにして、どうやって商品を案内していくか?というのが重要になってきます。

その辺りを考えながら、どういった記事を書けばいいのか?ということを、色々考えて作っていくのが大事になってきます。

なので、サーバーとドメインを作る時点で、ある程度売る商品は決めておいた方がいいです。

商品を決めてないのに、サーバーとドメインを作ってしまったら

後で「あーどうしようかな。。。」という状態になってしまいます。

サーバーとドメインを作ってから商品を決めても問題は無いですが、売る商品はきちんと決めてくださいね。

私が一番最初に作ったサイトは、売る商品を全く考えずに作ってしまったんですよ。

後になって「売る商品あるかな?」と思って調べたら全くなかったんですよ(笑)

なので、この時点でサイトを作ることに失敗しているので、サーバーとドメインを作る前に売る商品を決めた方がいいです。

じゃあ、どうやって売る商品を探せばいいのか?

私がおすすめしているのは、ASPに登録することです。

以下の3つは有名なASPなので絶対に登録しておいてください。

  1. A8
  2. afb
  3. バリューコマース

登録して、どんな物が向いているのかを参考にしてください。

また、こちらでは避けるべき商品を紹介しておりますので、参考にしながら売る商品を決めてください。

売る商品を決めたら、どのように人を集めてきたらいいのか?を考えないといけません。

ただ、この辺りの詳しい内容は、また別のときにご紹介しますが、集客、教育、販売が入ってきます。

簡単に説明すると

  • 販売:売る商品のこと
  • 集客:売る商品に対して、どうやって人を集めたらいいのか

例えば、macのPCを売る場合「パソコンの使いやすさ」や「持ち運びの良いパソコン」などのキーワードを調べます。

そのキーワードを調べて、最終的にはmacのPCを売れるように持っていくという戦略が大事になってきます。

この辺りは、高度なテクニックが色々あるのですが、簡単にいうと色々なキーワードで人を集めます。

そして、最終的に、macのPCを売るという形に持っていけば一つの流れはできます。

ただ、この集客、教育、販売に関する内容は長くなるので、また別のときにご紹介しますね。

まとめ

 

お金を使うのが怖い理由は

  • 急な出費が発生したらどうしようかという不安
  • 奨学金の返済がある
  • 車のローンの返済がある
  • 怖い理由は、お金の教育を受けてないのが原因

怖いのを取り除く方法は

  • 本業にプラスして副業して稼いでいく
  • お金はある程度使わないと戻ってきてくれない
  • ただし、労働で稼ぐのはダメ
  • 副業には、ネットビジネスがオススメ

ネットビジネスがいい理由は

  • PC1台あればできる
  • 特にサイトアフィリエイトがオススメ

サイトアフィリエイトのメリットは

  • 初期投資がほとんどかからない

サイトアフィリエイトのデメリットは

  • 稼ぐまでに時間がかかるというのが最大の欠点
  • ほとんど人が来ない期間を耐え続けていくのが大事
  • 3ヶ月以内に辞めていくのが95%いるような世界
  • 挫折した99%が継続できないのが理由

今回は「お金を使うのが怖いということ」について、私の主観を交えてご紹介しました。

どういった原因でお金を使うのが怖いのか、それに対してどう対応していけばいいのかが分かったと思います。

今回の記事を参考に、お金を循環させて社畜を脱出できるように頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください