依存マインドを持ってたらネットビジネスは成功しない!なぜ?

ネットビジネスを始めてしばらくしたらある程度サイトもデータが集まってきて成功したかどうか判断する時がきますね。

ただ、この時に自分で行動して行けれる人でないとネットビジネス、ことサイト運営に関しては成功することはかなり低くなりますよ。

なぜ依存マインドでいたら成功しないのか、そして依存マインドから脱却する方法は何なのか?紹介していきますね。

依存マインドでいたら成功しない理由は?

 

これは単純に言いまして、「考える力」がない状態だからです。

サイトアフィリエイトを始めた当初は教材を何個か買って始めている方が多いと思います。

(この時点で無料情報だけで成功しよう!と考えている方は歩いて大阪から東京へ行っているのと同じ感覚なので、早く成功したいなら何か有料の教材を買うのがいいですよ)

最初はそのサイトアフィリエイトの教材に沿ってやっていくと思いますが、ある程度の段階になってきたら

  • 教材ではAと言うやり方を紹介していたけどそれをBというやり方に変えたらどうなるのだろうか?
  • 中古ドメイン買って試してみたらどうなるだろうか?
  • twitterとかと連携させたらどうなるだろう?

と色々な疑問点が出てきます。

そんな疑問点が出てきたらまずは自分でチャレンジして見ることが大事ですよ。

私でしたらほとんどのことはチャレンジしてみますよ。

(ぶっちゃけ中古ドメインは今そんな旨味がないのでやるかと言われたら疑問符がつきますが、、、)

この疑問点=依存マインドからの脱出の糸口になりますので。

「と言ってもそんなこと全く思い浮かばないよ。」

と言う方もいるかもしれません。

そう言う方はグーグルのサーチコンソールやアナリティクスをみてください。

  • サーチコンソールで順位のいい記事リライトかけたらどうなるだろう?
  • アナリティクスでAというページがよく見られているけどそこから離脱が高いな、何か対策をしないとダメだけどどうしたらいいものか?

と言う感じでデータを見るだけでも色々な疑問点が出てきます。

と言うよりまずはサーチコンソールやアナリティクスを見て疑問に思ったことはまずチャレンジして見ることが大事になってきますよ。

コンサル受けている時の注意点

 

中にはコンサルを受けている方もいるかもしれません。

コンサルをしている師匠は他にも大量の方を相手にしていることが多いです。

1人1人に向き合う、と言ってもなかなか対応しきれない所がありますよ。

そんな時に調べたらすぐにわかるような質問をしていたらコンサルしている側にとっては

「調べたらすぐわかるような質問をしてくるくらいやからこれは成功しないだろうな。」

と思われても無理ないです。

良い質問の仕方とは?

「じゃぁどんな質問をしたらいいんだぁ!!」

と思う方もいるかもしれませんので一例をあげて紹介しますね。

例えばアナリティクスであるページAの直帰率が95%を超えてて次のページに流れてくれない場合を想定します。

悪い質問「Aというページの直帰率が95%近くあるのですがどうしたらいいでしょうか?」

こう言う質問をされたらどう回答したらいいかコンサルをしている側にとっては何とも言えない状況になります。

じゃぁどう言った質問がいいかと言いますと

良い質問「Aと言うページの直帰率が95%近くあったので対策として内部リンクを付けてみて、さらに記事の内容でいらないと思ったCと言う内容を削除して2週間様子見てみました。そしたら直帰率が90%近くになったのですが、このままの方向で行って大丈夫でしょうか?」

良い質問と悪い質問の違いがわかりますか?

自分で行動に移しているかどうか

 

ここでの良い質問と悪い質問の違いは「実際に行動に移しているか」どうかになります。

悪い質問のケースは行動に移す前に悩んでいるパターンです。

ネットビジネスの世界、ぶっちゃけると行動に移す前に悩むくらいなら行動に移してから悩んで行くのがいいです。

学校の授業と違って「これが絶対」という正解やないのが当たり前です。

なので、行動する前に悩むくらいなら行動して悩んで行くのがネットビジネスをしている場合は良い方向に進みやすいです。

そして、良い質問のパターンは実際に行動に移してその成果から方向性が正しいか確認を取ってます。

この時点で自分で判断して行動に移していると言うプラス評価が出ますので、コンサルしている側としても

「そのまま行けばOKですよ。さらにDということを加えたらもっと変わるかもしれませんね。」

と言う形でさらに具体例を交えて回答することも可能になってきます。

行動する前に悩むくらいなら行動してから悩め

これは私の師匠が似たような内容をよく言ってました。

ぶっちゃけその通りだな、、と今になっては思います。

依存マインドからの脱却=自分でとにかく疑問に思ったことはやってみる。

このトライアンドエラーの回数が多ければ多いほど成功に向かってどんどん近づいていきますよ。

あの有名なエジソンでも白熱電球を発明するまでには1万回の失敗をしております。

そこまで失敗をしろとは言いませんが、エジソンの回想録をみると1万回のチャレンジをしただけだと言っておりますので、チャレンジしている過程もプラス思考で行ってたことが伺えます。

ネットビジネスの世界でも色々疑問に思ったことは即チャレンジしてみることを意識してくださいね。

まとめ

  • 行動する前に悩むくらいなら行動してから悩め
  • 構えて狙って打つのではなく構えて打ってから狙え
  • 疑問に思ったことは即行動してみる

教材の通りに行くのも1つの方法でもありますが、教材の通り行っても途中で疑問点が浮かぶことが多いです。

その疑問点が浮かんだときに自分だったらどのように行動するか、また別の教材のアイデアを取り入れてやってみるか、はたまた奇抜な方法を使うか。

どれで爆発するかは正直わかりません。

疑問に思ったことはまず行動に移してみる。

これがネットビジネスをする上では大事な要素になります。

行動にどんどん移していけばどんどん依存マインドからも脱却できますので、疑問に思ったことはどんどん行動に移していきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください