35年住宅ローンは破壊への道!!破滅にならない対処法は??

私個人的な意見なんですが、35年ローンで住宅を購入するのは馬鹿だと考えています。

なぜ、馬鹿だと考えているのか、詳しくお伝えしていこうと思います。

今回は「35年住宅ローンの恐ろしさと対処法」について、私の考えを含めつつ紹介致します。

動画でも紹介しております。

35年住宅ローンがダメな理由

今働いている職場は、35年後どうなっていますか?

まず、今働いてる人がいますよね。

というか、働いていないとローンを組めませんが。

今働いているところ、35年後どうなっていますか?

今働いている所が、35年先も続いていると思っている方、それは甘い考えですよ。

というか、35年後は社会のほとんどが変わっています。

今、特に安定と言われている職業と言えば

  • 公務員
  • 銀行員
  • 大手メーカーなど

こういうところをイメージすると思います。

トヨタですら終身雇用が厳しい時代

あのトヨタ会社も「終身雇用制度は難しい」と言っている、そんな時代になってきます。

そして、日産、それ以外にも色んなメーカーが、45歳でどんどんリストラとして切っていっています。

そんな時代になってきているので、35年後も働いけているかと言うと分からない状況です。

それに、同じ職場で働き続けるのも、不可能に近い状態です。

大リストラ時代と言うものが、絶対に来ます。

これは、ほぼ間違いなく来ますね。

先程も言いましたが、世界のトヨタですら終身雇用が厳しいんですよ。

じゃあ、他の会社はどうなの?と言うと終わってますよね。

30代で35年ローンを組んだ場合

今、30歳で35年ローンを組んだとして、完済するのは65歳になります。

65歳になってまで、今の職場が続いていると思いますか?

まず、続いていないと思います。

公務員ですら、厳しい状況です。

と言うよりも、今後は、公務員ですら半分ほど消滅する自治体も出てきます。

正直、どの業界もリストラ時代がやってくるのが目に見えています。

今、安泰と言われている公務員や銀行員はかなり厳しくなってくると思います。

なので、そういうところで、住宅ローンを組むといのは、甘い考えなのでやめておいた方がいいです。

もし、住宅ローンを組んで家を建ててしまった場合

子どもを育てました→子どもが自立しました→帰ってきません

今ある家は、どう処理をしたらいいんだろう?と思いますよね。

ぶっちゃけ、子どもたちにとって、家は大きな負債になります。

子どもたちにとって、家は大きな負債になる

自分たちが亡くなったときのことを考えてみてください。

「子どもには、家が残るから良いじゃん!」と思う人もいるかもしれません。

ですが、子どもたちがする事は、相続税が払えないので、速攻で二束三文で売ることになります。

ほぼ、価値がないと思っていいです。

私が、生まれ育った所もほとんど周りは空き家ばかりです。

空き家ばかりで、子どもも帰ってこないので、どんどん家を売って、さら地にして太陽光のパネルを設置してます。

田舎ですらそんな状態になっているので、 これから先どんどん出てくる問題だと考えています。

なので、私個人的に住宅ローンを35年も契約して家を建てるのは馬鹿だと思っています。

もちろん、賃貸か家を買うかと言う選択肢に迫られる日が来るかもしれませんが、 私は賃貸派ですね。

賃貸をオススメする理由

生活に合わせて移動できる

収入が減ったら、それに合わせて引っ越せるのが賃貸のメリットです。

生活費(固定費)を削りやすくなる

これからの時代は、住居費を減らしていくのが重要になってきます。

なので、ちょっと都会で済むのであれば賃貸でもアリです。

イケハヤさんのように、田舎や限界集落であれば一軒家を購入するのもアリだと思います。

田舎で限界集落だと、家の値段も安くなってきます。

ですが、私個人的に、限界集落に住んだら、その分移動に時間がかかるので、それを考えるとちょっと都会の賃貸の方がいいのかな?と個人的に思います。

イケハヤさんのように、田舎や限界集落に住むのは憧れる人も、結構いらっしゃると思いますが、それは場所によります。

場所によっては、ものすごく田舎なところもあるので、その辺は覚悟したほうがいいと思います。

実際、私が生まれ育ったところは、平成狸合戦ぽんぽこみたいに、田舎の中の田舎でした。

平成狸合戦ぽんぽこの劇中で、昔の風景を思い出すシーンがありますよね?

あんな感じで、ボンネットバスが走るような田舎道で育ちました。

今は、ほとんど変わってしまいましたが、小学生の頃は家の近くまで蛍が飛んでました。

それぐらいの田舎だったんですが、再開発で蛍も自然生物もいなくなってしまいました。

また、田舎の場合プライベートもないので、それが苦手な人は、都会の賃貸の方がいいと思います。

基本的に、私の世代になってくると、近くの人と関わりたくないと言う人も多いです。

なので、そういう方は、田舎などの限界集落で暮らすっていうのは、考えないほうがいいですよ。

田舎に住む=プライベートは無いと思っておいてください。

実際、子どもの頃、家に帰ったら、近所のおばさんが勝手に家の中に入っているということもありました。

「あ、また来てるわ〜」というのが当たり前の風景でしたが、都会でそんなことしたら、1発で警察呼ばれて終わりです(笑)

今は、もうあんまりないと思いますが、、、

だいぶ話が逸れてしまったので、元に戻しますね。

都会といっても、あまりにも都会すぎると住居費が高くなってしまいます。

なので、できれば公共交通機関を使って1本や2本を使えば、都心の中心部に行ける位の距離が良いです。

都会のような都会じゃないという場所の方が、住居費も抑えられるのでいいですよ。

資産を増やす方法

貯金だけではダメ

これが本題なってくるのですが、貯金をするだけではダメです。

今の時代、貯金をするだけではお金は増えません。

「じゃあ、どうすればいいの?」と思う人もいますよね。

貯金をするだけでなく、投資をすることが大事になってきます。

じゃあ、何を投資すればいいのか?

それは、自分の脳みそ=知識に投資をして知識をつけろ!ということです。

貯金だけでなく投資をすることが大事

知識をつけるのに良いのは、私が個人的にオススメをしているのはネットビジネスです。

なぜかと言うと、ローリスクでリターンが大きいからです。

ネットビジネスの中でも、私がオススメしているのはサイトアフィリエイトです。

時間はかかりますが、リターンは大きいです。

なので、お金をある程度集めたら知識を付けるために、ネットビジネスの勉強をしていきましょう。

社畜の給料を超えて、社畜をサヨナラして自由な生活に行くこともできます。

なので、自由な生活に行けるように皆さんも頑張ってくださいね。

まとめ

35年住宅ローンがダメな理由
  • 今働いている所が、35年先も続いているなんて保証はない
  • トヨタですら、終身雇用が厳しい時代になっている
  • 同じ職場で働き続けるのも、不可能に近い状態になる
  • 大リストラ時代が、絶対にやって来る
  • 安泰と言われている公務員や銀行員も、かなり厳しくなってくる
  • 子どもたちにとって、家は大きな負債になる
  • 相続税が払えなくなり、二束三文で売ることになる
賃貸をオススメする理由
  • 生活に合わせて移動できる
  • 生活費(固定費)を削りやすくなる
  • ちょっと都会で済むのであれば賃貸でもアリ
  • ただし、田舎や限界集落であれば一軒家を購入するのもアリ

今回は「35年住宅ローンの恐ろしさと対処法」について、私の考えを含めつつ紹介致しました。

他にも、色々な動画で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、私が得意なのは、サイトアフィリエイトの外注化です。

以上、yousukeでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください