ネットビジネスをしていてやる気が出ない原因とは何か!?

ネットビジネスをしていたら絶対にやってくるのがやる気が出ない時です。

「なんか今日はやる気でねぇなぁ。」

「今日は休んでもいいかなぁ。」

と思う時が多々あります。

今回はなぜやる気が出ない時が出るのかその原因についてフォーカスしてみますね。

ネットビジネスをしていてやる気が出ない原因は?

 

これは「目に見えて成果が出ていない時」にやる気が出なくなることが多いです。

ネットビジネスに入った当初は大きな目標を立てている人が多いです。

  • 月収100万以上稼いでやるんだ!
  • これで社畜を脱出するんだ!
  • 億万長者になるんだ!

こんな形で色々な考えがあると思いますが、いかんせんネットビジネスはそんなにも甘いものではないです。

大体サイトアフィリエイトで言いますと100記事超えたくらいでアクセスが集まり出してきて300記事超えたあたりで初成果が出るか出ないか、と言った所になります。

そんな状況なので中途半端な気持ちで始めていたら

「なかなか成果が出ないなぁ。」

「成果出ないのに何でこんなことしているんだろう。」

と思うようになってきます。

そして最悪はネットビジネスの世界から去ってしまうという道を歩くことになってしまいますよ。

半年以内に成果が出たらラッキーと思う

私自身コンサル受けてた時に師匠から言われておりました。

私のしているサイトアフィリエイトは成果が出るまでに時間がかかるのがつきものなので、ほぼ年単位でみていかないといけません。

コンサル期間は半年でしたが私自身コンサル期間終了する直前に初成果をあげることができましたので、サイトアフィリエイトの中では早い方に入ると感じております。

サイトアフィリエイトでしかも外注化をしてたら300記事くらいからがスタートラインになってきますよ。

そしてそこから徐々に記事を追加していってもアクセスが伸び悩む時期がやってきます。

1万アクセスくらいで伸び悩む時期が来る

この壁は多くの方が経験する壁になりますがアクセス数が1万くらいになるとアクセスが伸び悩む時期がきます。

どれだけ記事を追加してもそれまで順調に伸びてたアクセスがなかなか伸びなくなるので

  • 方向性間違っているのだろうか?
  • 別のやり方をした方がいいのだろうか?

と悩む時が必ずきます。

しかし、このアクセス伸び悩む時期はある意味試練の時なので、この期間でもいつも通り記事を追加していってくださいね。

そしたらアクセスが急増する時がきます。

その時がきたらサイトは第2フェーズへ入っていってどんどんアクセスを集めていくことができますよ。

このアクセスが伸び悩む壁の所で更新をやめてしまうとそのまま停滞して停まってしまいます。

そうならないためにも定期的に記事を更新し、順位がいい記事はリライトをかけていくことが重要になってきます。

特にリライトをかけるのが重要なポイントなので、アクセスが伸びずにやる気がなくなってきた時には過去記事を振り返ってみて検索順位2桁の記事をリライトかけて1桁にいくように持っていってください。

そうすればこの壁も対処できるようになりますよ。

完璧なものを追いすぎてもダメ

記事作成に特に言えていることですが、完璧なものを追い求めたらダメです。

記事を作っていく上で完璧な記事と言うのはありません。

「これは完璧にできてないから公開するのをやめようかなぁ」

と悩む前に公開して市場のテストをかけてみてください。

公開せずに悩むくらいなら公開してデータを集めていくことが重要になります。

実際私自身1週間近くかけて悩んで書いた1記事よりも1時間くらいでサクッと作った記事の方がアクセス多かった事例がありますので、公開するかどうか悩むくらいならさっさと公開した方がいいですよ。

まとめ

  • やる気が出ない原因として
  • 目に見えて成果がすぐに出ないこと
  • アクセス伸び悩む時期にやる気が出なくなること
  • 対処法は記事更新と過去記事のリライトが重要

私自身今アクセスが伸び悩んでいるジャンルがありますので、そのジャンルでリライトかけたら順位が大きく上がった事例を持っています。

「目に見えて成果が出ない時は半年以内に成果出たらラッキーと思う。」

「アクセス伸び悩む時は過去記事で2桁台の記事を1桁台に持っていけるようにする」

この2つがかなり大事なポイントになってきます。

逆に言うとこれと正しいやり方でしていたら成果は必ずといっていいほど出ますので、上の2つ+正しいやり方を身につけていってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください