抽象具体化ができたらどんな内容も理解できるようになる!

ブログで記事作成するに当たって調べたことをそのまま書いていたら専門用語すぎて意味がわからない事が多々あります。

そう言う時に便利な方法として抽象具体化と言うのがあります。

これができたらどんなものでもわかりやすく説明できるようになりますので、一例を紹介します。

抽象具体化とは?

 

物事を突き詰めていったらある抽象的な物事にたどり着く事と言うとそれで終わりなのですが、それだけですと全く意味がわかりませんよね。

なので具体例を入れて説明していきますね。

例えば、みなさんがトイプードルを飼っているとしましたら、それをどんどん上に上げていくんです。

トイプードル→イヌ属→ネコ科→哺乳類

みたいな感じで突き詰めていく方法です。

この場合で言うと哺乳類という部分がかなり抽象的な部分になります。

実際友人と話している場面を思い浮かべてみてください。

その時に「トイプードル飼っているんだ。」と言われたらみなさんイメージできますよね。

あの可愛い犬を飼っているんかぁ!と

これが「俺哺乳類飼っているんだ」と言われたらみなさん何を想像しますか?

範囲が広すぎて想像できませんよね。

ライオン飼っているのか?クジラ飼っているのか?キリンでも飼っているのか?

と言う感じであまりに抽象化しすぎるとわけわからなくなってしまいます。

この技術が重要な理由とは?

 

この技術がかなり重要なのは物事を突き詰めていく作業があります。

その中で、意外な所で繋がりがあったりします。

例えば先ほどの例でしたら犬はネコ科に属するとかいう感じで言われないとわからないようなものが見つかったりします。

そこからさらに波形で記事を作ることもできますので、この作業はできるようにしていったほうがいいですよ。

アイデア浮かんだ時の保存方法

 

記事を書いているときにアイデアを浮かぶ時があると思いますが、その時に一番いいのがPC上にかいて保存する方法です。

紙にかいた場合その紙がなくなってしまったらアイデアもパーになります。

そのアイデアがかなりいいものでしたら勿体無いですよね。

そうならない為にもPC上でデータとして保存することをお勧めします。

お勧めソフトは?

私自身色々ソフト使ってきましたが、個人的にお勧めしているのがTrelloです。

データ上でスマホやPCと共有できますので、この際ぜひダウンロードしてくださいね。

無料で使えますよ。

抽象具体化についてのまとめ

  • 抽象化していったら物事の本質を掴めれる
  • 本質から具体化していった時に意外な方向性を見つける事ができる

この概念自体かなり難しいので、さらっとかいておりますが身につけるまでにかなり時間かかります。

かなり時間かかりますが、これ身につけれたらどんな事でも本質を見抜いていく事ができるようになりますので、ぜひ頑張って身につけていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください