やる気だけでネットビジネスは続かない!何に頼ればいいか!?

ネットビジネスの世界を知った当初は

「うお〜!これで社畜を脱出したるぞ!」

という勢いでネットビジネスについて勉強すると思いますが、現実を言うとこう言うやる気はすぐに消えてしまいますよ。

なぜやる気はすぐに消えるのか?

そして何に頼ればいいのか紹介しますね。

やる気に頼ったらダメな理由は?

 

やる気と言うのはすぐに燃えてすぐに燃え尽きてしまうものです。

ネットビジネスを例にとって行きますとまずそう言う世界があると言うことを知って

「この世界で俺は社畜を脱出してやるんだ!」

と思ってやる気ガンガンで始めたとしても

「ワードプレス、プラグイン?何のこと??」

と言う風にネットビジネスをしていたら多くの壁にぶつかります。

そして一番大事な記事作成の部分においても

「なかなか書けないなぁ。」

という風に最初は本当に書けないものです。

そんなことが続いて行くと

「今日は疲れたからやらなくていいかな?」

と言う気持ちが出て1日やらなくなる日が出てきたらもう死亡フラグがたちます。

そのまま2日、3日とやらない日ができてしまって、ネットビジネスのことは何処吹く風になってしまいます。

結構これで挫折していった方を私は外注化をして見てきておりますので、結構当てはまりますよ。

これを読まれている方は挫折しないようにあることをするのが重要になります。

挫折しないようにするためには?

 

一番重要な挫折しないようにする対策なのですが、それは「習慣化」することです。

皆さんも何かいつもしている習慣ありませんか?

仕事終わりにランニングしている。

毎週末は読書している。

そんなのがないと言う方でしたら毎日食後に歯磨きをしていますよね?

この歯磨きを例にとったらわかりやすいのですが「歯磨きしよう!」と意識してしているわけではないですよね?

飯食い終わったら無意識の内に歯を磨いていると思います。

要はネットビジネスを歯磨きみたいに日常生活の中に取り込んで行って習慣化していくのが挫折せずに済む一番の方法になりますよ。

ネットビジネスを習慣化するためには?

 

ネットビジネスを習慣化するために必要なこととして、1日の生活リズムを具体的に書いてください。

そして

  • こま切れに何もしない時間
  • まとまって1時間以上作業できる時間

この2つがどれくらいあるか見極めてください。

だいたい1日の内3時間から5時間くらいはこう言う隙間時間というのは出てきますよ。

こま切れの時間、まとまって作業できる時間でやることを分ける

ここでこま切れの時間、まとまって作業できる時間と分けることができたらそこで何をするかあらかたのことを決めておきます。

ちなみに、私の場合を紹介しますが、

私の場合こま切れの時間→外注募集、クラウドソージングのメッセージ確認、納品状況の確認、データ分析

まとまった時間→記事作成、外注さんの記事添削

こんな形で分けております。

特に記事作成はかなり集中力を使うところになりますので、できればまとまって他に邪魔をされない時間を狙ってする方がいいですよ。

一度集中した時に何か横槍が入って集中を阻害された時にまた集中力が戻ってくるまでに15分少々かかります。

その15分、かなり無駄な時間でもありますよ。

そんなことがないように、記事作成においては周りから邪魔を受けない時間に集中して作成するようにしてください。

どれくらいで習慣化するのか?

 

「じゃぁ習慣として身につくまでにどれくらいかかるの?」

と思う方がいるかもしれませんので私のケースで紹介しますが、基本的に3の法則で習慣は身につきます。

大体新しいことを初めて身につくまでに3週間はかかると思っておいたほうがいいですよ。

とにかく3週間くらい毎日のように続けていけば習慣として身についていき、さらに3週間経つと生活の1部に取り込まれます。

そこまできたら成功までの道をひた走るのみですので、習慣として身につけて行ってくださいね。

まとめ

  • やる気はすぐに燃え尽きる
  • やる気に頼るのではなく、習慣に頼る
  • 習慣化するためにこま切れの時間、まとまった時間に何をするか決める
  • 習慣として身につくまでに大体3週間〜6週間くらいかかる

一度習慣として身についたらネットビジネスのことをしないと気持ち悪いくらいになります。

そこまできたら習慣として身についております。

やる気に頼るのでなく、習慣に頼って行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください