ブログ記事にアイキャッチ画像はあった方がいいのか!?

記事を作成していく中できになることとして記事の中にアイキャッチを入れるかどうか考える時がありますよね。

この辺りネットで調べてみたら

「別に入れなくてもいい」

「入れた方がいい」

両者に別れております。

双方意見ありますが、私自身アイキャッチ画像をどうするかについて紹介します。

ブログ記事を作成する時の参考にしていただければと思います。

アイキャッチはあった方がいいのか?

 

私個人的な意見としたら

「あった方がいい」

立場です。

特に「アイキャッチの最初の部分は文字つきで入れた方がいい」と考えております。

なぜアイキャッチ入れた方がいいのか?

この辺りは賛否両論あるのでこれが正解!

と言うわけではないのですが、私個人的な考え方として

アイキャッチ画像=その記事の顔

と考えています。

なので、アイキャッチ画像には文字を大きく入れております。

アイキャッチを見るだけでどんな記事を書いているかが一目でわかるような感じで書いて行っております。

実際これでやって行ってメリットもありましたよ。

アイキャッチに文字を入れるメリットは?

google検索をかけた時に画像データが表示されるようになっております。

時たまその画像をみて画像から入ってくる人がいるので、そう言う時にアイキャッチで興味をそそるような内容を書いていたら気になって入ってくれる人がでてきます。

これがアイキャッチなし+文字なしでしたらそのルートはなくなってしまいますので、要は集客手段の1つとして捉えていただければと思います。

アイキャッチ以外に画像を入れた方がいいのか?

 

アイキャッチを入れた方がいいことはわかったけどアイキャッチ以外に画像を入れた方がいいの?

と考える方も中には出てくると思います。

私個人的にはアイキャッチ以外の所は記事内容にもよりますが、記事内容にあった画像がありましたら入れるのはアリです。

もしない場合は無理に入れる必要はないと見てます。

画像の入れすぎはNG!その理由は?

ただ、画像も欠点がありましてあまりに入れすぎたらNGになります。

画像は入れるごとにそのページの容量が重たくなります。

そしてあまりに画像を入れすぎたら容量が重たくなりすぎてサイトを開くまでに時間がかかるようになります。

サイトを開くまでに5秒以上かかった場合、訪問者がサイトを開く前に離脱してしまう確率が急上昇します。

実際私がユーザー側だった時にも開くまでに5秒以上かかったら開くことなく切断してます。

なので、画像は最低1枚文字つきであった方がいいのと、それ以外で入れるとしても合計で1M以下に押さえていく必要があるのかな?と考えています。

なので、私が記事を作成するときはいつも合計で1M以下になるようにしております。

それくらいでしたら、今の時代有料のテーマ使っていたら5秒以内で絶対開くことができます(通信圏外の所でしていない限り)

ブログ画像にアイキャッチがあった方がいいかのまとめ

  • アイキャッチは1枚文字つきであった方がいい
  • それ以外の画像は情景にあったのがあれば入れた方がいいが入れすぎはNG

私自身最大で5枚ほど入れてやってみたことありますが、それでも普通に開くことができました。

この辺りは発注者によって見出し2の下に目休めに画像を入れるように指示する方もいますが、個人的にはそれをするくらいなら見出し2の前にアドセンスの広告なりリンクなりを貼った方が離脱されずにすむのにな、と思っています。

この辺りも試行錯誤しながら上手くなっていきますので、ぜひ皆さんもチャレンジして行ってくださいね。

ちなみに、アイキャッチの文字を変更するソフトとしては「フォトスケープ」を私はオススメしております。

windowsでもmacでも無料で使えてかなり使いやすいので重宝しております。

無料版でも十分すぎる機能がありますので、無料で大丈夫なのかな?と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください