キーワードでライバルチェックする時はシークレットモードがいい!

サイトアフィリエイトで記事作成する時に普通の検索でしていたら純粋な検索結果が出ないことがあります。

そういう時に便利になる機能として「シークレットウインドウ」というものがあります。

今回はそのシークレットウインドウ」について紹介します。

シークレットウインドウとは?

 

シークレットウインドウとは何かと言いますとgoogle chromeに搭載されている機能の1つで、閲覧履歴や入力情報を無視した状態で検索ができる機能です。

シークレットウインドウで検索をかけた場合、その検索した入力情報や閲覧した履歴(cookieという)も残らないので、ある意味純粋な検索結果が出るようになりますよ。

こんな画面になったらシークレットウインドウになっております。

シークレットウインドウのメリットは?

 

このシークレットウインドウのメリットは何と言っても純粋な検索結果が出る所です。

正直普通の検索でかけたら過去に調べた履歴やcookieがある程度残っておりますので、関連した内容でしたらそれが影響して純粋な検索結果が出ないです。

特にアフィリエイトする場合でしたら関連していることを調べまくっている状況になるので、通常画面で検索かけたらかなり狂った結果になることが殆どです。

できれば純粋な結果を見るためにもシークレットウインドウで確認するようにしてくださいね。

サイトを持っている場合サーチコンソールで出た結果を確認するのにも使える

 

私はよくサーチコンソールで出た順位を目安にしてシークレットウインドウで検索かけています。

そうすることで一般的な検索でどこにいるのか大体の目安はつきます。

そして自分の記事より上のライバルをチェックして勝てると判断した時には上を狙っていくことが多いですね。

分野にもよりますが、ある程度いい順位にいる記事はチェックかけて行った方がいいです。

シークレットウインドウの欠点

 

このシークレットウインドウですが、完全に履歴やcookieを消して検索ができるというわけではないです。

特に職場とかでネットの回線を1箇所の部署にまとめている場合はなおさら消せれません。

なので、職場とかで「ちょっと私的な用事で旅行予約を・・」とかで使っても職場の環境によってはバレることがあります。

特にネットの情報回線を1箇所の部署でまとめている所でしたらまずバレることが多いので、私的な利用はやめておいた方が賢明ですよ。

シークレットウインドウのまとめ

  • シークレットウインドウは履歴やcookieを残さずに検索かける
  • 自身が見た履歴も反映されないから純粋な検索結果が見れる
  • ただ、完全に残さないわけではないので会社とかではしない方がいい

なかなか会社のPCとかで使うということはしないと思いますが私的なPCで検索順位を確認するにはシークレットウインドウはかなり有効な手段ですよ。

サイトに上げた記事も3ヵ月くらいしたらある程度の評価が出てくるようになります。

その時にどれくらいの位置に来ているのか?

そこからさらにいくにはどうすればいいか?

その戦略を練るにもいい手段になりますので、ぜひサイトアフィリエイトをしている方は使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください