会社で存在意義を感じなくなったら脱出した方がいい理由とは!?

毎日満員電車に揺られながらいきたくもない会社へ死んだ魚の眼のように出社していませんか?

そんな生活を死ぬまでつづけていくのですか?

私はそんな生活を死ぬまで続けるのは絶対に嫌でした。

なので、脱出できる方法について色々考え、実践して行ったことを紹介していきます。

職場で存在意義を感じなくなった時とは?

 

これは人によって感じ方が変わると思います。

  • 入社時点でやる気がない
  • 最初はやる気あったが人事異動で畑違いの所に行ってやる気がなくなる

大きく分けてこの2つのパターンに分かれますね。

私のケースですが、私の場合は後者の最初はやる気あったが人事異動で畑違いの所に行ったパターンです。

私は最初やる気ありました。

一生この仕事に捧げる覚悟でしたよ。

ただ、ある出来事をきっかけに私の人生は大きく変わりました。

ある出来事とは?

そのある出来事は「熊本地震」です。

あれで私自身考え方がかなり変わりました。

その時には妻もいて子どもがそろそろ欲しいなと考えていた時でした。

「将来子どもができた後でもこのままの仕事でいいのか?」

「もしあんなのが起きたら今の妻や子どもはどうなる?」

私自身自問自答する日々をしばらく過ごしました。

そしてこの頃から色々投資関係のことも情報蒐集しだすようになります。

子どもが生まれてから人事異動になる

それから1年後、私のところには子どもが生まれました。

子どもが生まれてからさらに今の仕事に違和感を感じるようになり、この頃にはこの仕事は向いていないという感覚さえ出ていました。

「このままだと子どもが望む所へ行かすことは不可能だ」

「さらに子どもが生まれたら日々の生活でいっぱいいっぱいになる」

そんな中人事異動が出て私自身畑違いの部署へ飛ばされることになりました。

要は左遷ですね。

左遷先で社畜脱出のために行動する

左遷先は部署再編で大きくなったのもあり、上役が全体を管理しきれない状況でした。

私はそれをチャンスと捉え、社畜を脱出するために本格的に行動に移すことにしました。

そしてこの時には私の身体の調子がおかしくなっていたのもあり、今の仕事を続けるのがほぼ不可能と本能的に実感したのもあります。

その中ネットで月収100万稼いだ元公務員のサイトにつく

社畜脱出するために色々探していた中でたどり着いたのがネットで月収100万以上稼いで公務員を辞めた人のサイトでした。

「ネットで100万??絶対怪しい!」

と私は第一印象で思いましたが、ネットはこれからさらに伸びる分野であることは私自身実感しておりました。

そして、その方のサイトを見ていく中で

「この人について行ったら大丈夫だ!」

という自信みたいなものが出てきたので、その人のメルマガに登録し、コンサルを受けるようになりました。

コンサルを受けて必死にやって行ったら

コンサルを受けて必死にやって行ったら徐々に成果が出るようになり、私自身増えていく収入を見ていて嬉しくなりました。

「これで行けば社畜を脱出できる」

と言うことで私は社畜を脱出し、今成功への道を邁進している最中になります。

まとめ

  • 存在意義を感じなくなった時点でその会社にいる必要はない
  • これからの時代1つの所に固執したらダメ

私自身このネットビジネスの世界に入れて良かったと本当に思います。

それを知らなかったら今頃満員電車に揺られながら魚の死んだ目をして毎日過ごしているようになります。

これからどんどん増えていく税金、それに反して減っていく収入。

これから先は会社や国に依存していては生きていけない時代になります。

会社や国に依存しない生き方を目指していきませんか?

そうすれば、時間に縛られることのない自由な生活が待っておりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください