飲み会に行かないことが出世に響くのは馬鹿らしい理由は!?

出世のために飲み会には必ず参加する。

そう言う人は多いと思います。

しかし、飲み会に参加してみたら「こんなのにお金を使うのは勿体無い」と思えるような飲み会がかなり多いはずです。

しかもそれで出世に影響するのか疑問に思うこともありますよね。

ちなみに、私は飲み会がかなり多い職場で飲み会に一度も行ってなかったので、その観点から紹介していきます。

飲み会に行かないことが出世に響く理由とは?

 

これはいまだに飲みニケーションと言うことで飲み会で親睦を深めようと言う考えがあるからです。

昭和の時代でしたらこの飲みニケーションで親睦深めて行くのもアリだったのかもしれません。

しかし、時代は変わって令和になってからもこの飲みニケーションで親睦を深めていこうとする人がかなり多いのはやはり事実でもあります。

「私からしたらこんな飲み会で親睦を深めようとする人は馬鹿らしいとしか思えないのですけどね」

何故私が馬鹿らしいと思っているか理由を紹介します。

飲み会でしか交流できないと思っている

結構この考え方に囚われている人多いです。

飲み会でないと社員と交流できない、そして本音を聞くことができない。

と考えて飲み会を定期的に開いて交流を深めようとするパターンです。

正直勤務時間外にする飲み会はある意味サービス残業と同じ扱いでもいいくらいだと思いってます。

今の時代飲み会で親睦を深めようとしてもなかなか若い人は心の内を開いてくれませんよ。

飲み会にお金を使いたくない

これは若い人に多いことですが、正直飲み会にお金を使うのではなく他のことでお金を使いたいと思っている人がかなり多いです。

  • 自己啓発
  • 趣味

この辺りが代表的なものになりますが、正直今の世代の人は飲み会にお金を使うよりも自分のことに積極的にお金を使う傾向にあります。

そもそもお酒が飲めない

お酒が飲めない人にとっては飲み会は正直言って苦痛でしかありません。

私もお酒はほとんど飲めない人でしたので、飲み会がある度に苦痛でたまりませんでした。

やはり今の時代でも酒飲むことを言ってくる人は少なからずいます。

「俺の酒が飲めないのか?」と。

こんなの私からしたら

「そもそもあなたの酒が飲めないのかと言うより酒自体飲めませんから!」

と言いたくなりましたが、そんなことを言うと場が壊れてしまうので言いませんでした。

私がした対策法は?

 

私も社畜を初めて最初の頃は飲み会に参加しておりましたが、子どもが生まれてからは一度も飲み会には参加しなくなりました。

対策法は至って簡単です。

職場で飲み会の案内が来た時に

「今回は家の用事で申し訳ありませんが、、、」

「今回は子どもの関係で、、、」

と言った感じで断り続けておりました。

そしたらその内飲み会の声もかからなくなってきましたので、これはこれでいい感じになります。

年に1回か2回くらいのペースでされる大きな飲み会(歓送迎会や忘年会)も1人くらいいなかったって気づかないものですよ。

もちろん私は不参加でした。

その後職場に行っても特に何もなくすぎていくものなので、気にしなくてOKですよ。

そして周りを見る限りでは、飲み会に出席しないからと行って出世に響くかと言うとそんなものではないです。

もしそれで出世が決まってたら飲み会にフルに参加している人たち皆出世していくことになりますので。

皆さんの会社を見てもらったらわかると思いますが、フルに飲み会に参加しまくっている人で出世街道ひた走っている人っていますか?

多分いないと思いますよ。

そんなものなので、飲み会にいくことで出世が決まると言うのは今の時代ほぼ無いと思っても構わないものかもしれませんね。

まとめ

  • 古い考えで飲みニケーションで参加を促してくる人がいる
  • 飲み会に行きたくなかったら今の時代行かないと決めていくのも大事
  • 中途半場に行ってたら逆に角が立つので行かないなら全て不参加でいくこと

私自身飲み会には全然参加していませんでしたが、正直仕事をしていてのペナルティは全くありませんでした。

飲み会に行かないと出世に響く、昇給に響く。

そんなのはまやかしに近いものですので、そう言うのを気にせずに行きたくなかったら行かない!とはっきり自己主張するのが大事になりますよ。

行きたく無い飲み会には行かずに自分の時間を有意義にすごしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください