マーフィーお金に好かれる50の知識を紹介!潜在意識の活用とは?

今回は、私が読んだ本の内容を紹介していきます。

紹介する本は『マーフィーお金に好かれる50の知識』佐藤富雄(著)です。

1時間くらいでサクサクっと読める内容です。

スキマ時間でも十分に読める本ですよ。

内容もわかりやすい言葉が多かったですね。

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』よりも全然わかりやすいです。

「ジョセフ・マーフィーにちょっと興味はあるんだけど、いきなりはキツイなぁ」と思っている人にはこういった本からが入りやすいですよ。

わかりやすい内容の本からはいるのは、読書のポイントです。

ちなみに本の読み方のポイントについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

本を読むポイントとは?本がニガテな人でも読める方法を紹介!

ということで、『マーフィーお金に好かれる50の知識』を読んで私自身が感じた事をアウトプットも兼ねて紹介していきますね。

この本を読んでみようかなぁと悩んでいる方は参考にしてくだい。

動画でも紹介しています。

この本が1番伝えたことは?

 

この本が1番伝えたいポイントは次の通りです。

お金に対するいいイメージを、潜在意識に植え付けていくこと

そうすることによって、

お金の循環がよくなって、自分自身も富を得ていく

一言でいうと、このような事をいっています。

それはわかったけど、どうすればいいの?って思いますよね。

これから、本の内容にそって具体的に説明していきます。

この本の特徴は、潜在意識の活用

潜在意識を活用すること

ナポレオン・ヒルやジョセフ・マフィーは潜在意識の活用に力をいれています。

この本の著者である佐藤さんの場合、潜在意識を勝ち組遺伝子、と言い換えています。

で、潜在意識=勝ち組遺伝子ってなにかっていうと、心の中の無限の宝物庫、といわれています。

心の中の無限の宝物庫?

なんじゃそりゃ?って思いますよね。

潜在意識の中には無限の力があるという考え方が、ナポレオン・ヒルやジョセフ・マーフィーにはあります。

つまり、潜在意識を味方につけたら欲しい物や望むこと、どんなことでも手に入る、そんな考え方があるんです。

なので『マーフィーお金に好かれる50の知識』は、潜在意識を開花させていくように、潜在意識にフォーカスを当てていくためのステップが紹介されています。

潜在意識を活用するための基本

潜在意識を活用するための基本は、次の通りです。

夜の寝る前に潜在意識に対して、成功イメージのタネをまく

順番に説明しますね。

まず、なぜ寝る前なのか?

潜在意識=勝ち組遺伝子が働きやすい状況は次の3つです。

  • 寝る前
  • 朝起きてすぐ
  • リラックスしている時

寝る前と朝起きてすぐ、はわかりますよね?

リラックスしている時っていうのは、例えばお風呂に入っている時です。

この3つの中でも、特にいい時は寝る前です。

ナポレオン・ヒルの本とも共通しています。

寝る直前って潜在意識と健在意識の境界があいまいになる時があります。

そのあいまいな時に、できるだけ具体的な願望を潜在意識に植え付けるんです。

願望は、自分にプラスとなる心地いい言葉にしてくださいね。

  • 10月までにサイトアフィリエイトで月収100万円を稼ぎたいんだ〜
  • 年内に月収100万円を当たり前にして、来年には海外旅行行くんだ〜
  • タイやバンコク、そしてカンボジアのアンコールワットにもいって楽しむんだ〜

こんな感じですね。

どうですか?

具体的で、楽しくなってきませんか?

こんな感じで、楽しいことイメージしながら言うってことが大事になってきます。

こういう形で、潜在意識にどんどんつぎ込んでいくっていう力が必要になってきます。

朝起きてすぐでもいいんですけど、個人的にはバタバタするのかなぁと思っています。

やっぱり寝る前が1番ですね。

潜在意識に関する他の本でも、だいたい寝る前って書いてある事が多いので、寝る前が1番鉄板だと思いますよ。

潜在意識を活用する基本
  • 潜在意識へ成功イメージのタネをまく
  • タイミングは寝る直前
  • できるだけ具体的な願望をいう
  • 願望は自分が心地よい、プラスになる言葉
  • 楽しいイメージをもつ

この方法は声に出すと、深く意識の中にはいります。

なので、1人暮らしの方でしたら寝る前に呪文のように唱えながら寝た方がいいと思います。

ちなみにですが、家族がいる場合「ちょっと頭おかしくなったんじゃないか?」って思われる場合もあるので、気をつけてくださいね。

本当は声に出すのが1番なんですけど、私の場合は家族がいるので、心の中で唱えたりもしています。

心身が快の状態では自立神経にアクセスできる?

心身が快の状態では自立神経にアクセスできる、とも佐藤さんは言っています。

佐藤さんは自立神経と潜在意識をほぼ同一のものとして捉えているのかな?という印象を受けます。

さらに、自立神経の中には人類500万年くらいの叡智が全て詰まってるって書き方もしています。

これは個人的にどうなんだろ?と思っています。

まぁ潜在意識の考え方からしたら、あながち間違いではないのかなぁ?と思いつつ、この辺りは人によって考え方が変わると思います。

私は、潜在意識として捉えるようにしています。

大事なのは良い方向にもっていくこと

ちょっと話を戻します。

潜在意識を活用するための基本は、次の通りでしたね。

  • 潜在意識へ成功イメージのタネをまく
  • タイミングは寝る直前
  • できるだけ具体的な願望をいう
  • 願望は自分が心地よい、プラスになる言葉
  • 楽しいイメージをもつ

この時に、絶対やっていただきたい事を伝えます。

それは、良い方向へイメージを持っていくってことです。

逆に悪いイメージを出してしまったらどうなるのか?

悪いイメージって一旦出てしまうと、どんどんどんどん潜在意識にはいってきてしまうんですよ。

そうなると、良いイメージより悪いイメージが潜在意識に吸収されていってしまいます。

そうならないように、どんどんどんどん良いイメージを潜在意識に植え付けていくことが重要になってきます。

この習慣が身につくまでには3週間くらいはかかると思います。

なので、とりあえずは3週間を目安に頑張ってみてくださいね。

潜在意識を活用する具体的方法

自分にとっての成功イメージを確立させる

さらに、自分にとっての成功イメージを確立させるが大事になっていきます。

成功イメージを潜在意識に入れ込むといっても「お金持ちになりたい」っていうのは少し抽象的すぎます。

成功イメージが抽象的すぎると潜在意識的には叶わないと思います。

なので、もっと具体的なところまで落とし込んでいくってことが重要です。

例えば、さっきも紹介した通り、

10月までにサイトアフィリエイトで月収100万円を稼ぎたいんだ〜

みたいな感じですね。

会社での仕事に置き換えてみましょう。

今考えてる企画書が通って、自分のアイデアが社長に対して発表できる

まずはこんな感じのイメージを持つことが大事です。

目的は成功のイメージを確立させることなので、ここからさらに、ステップを明確にしていくことが必要です。

目的は成功のイメージを確立させる方法

【成功のイメージ】

  • 今考えてる企画書が通って、自分のアイデアが社長に対して発表できる

【成功イメージを実現するまでのステップ】

  • アイデアを練る
  • 企画書作る
  • プレゼンしているところをイメージする
  • プレゼンは自信満々できている
  • 社長から君はスゴイと評価される

こんな感じでステップを明確にしていくんですよ。

この時に固定観念をすてることが大事ですよ。

多少ぶっ飛んだことでも大丈夫です。

まぁ、空飛ぶ!とかはちょっとどうかと思いますが…

それこそ札束の風呂に入ってる、とかね。

こんなイメージでもいいんですよ。

よく週刊漫画誌の広告に載ってるアレです。

どうですか?

けっこう楽しくなってきませんか?

札束のお風呂、一回入ってみたいですよね〜。

というか、バスタブの中にお札埋まるのってどれくらいの金額になるんでしょうかね?

1億では足りないかな…10億くらい必要かもしれませんね。

ちょっと話がそれました…

大事なことを伝えますね。

固定観念を捨てて、あらゆる考え方からいい所を引っ張ってくる。

そうすると、目標を達成する為の糸口が見つかってきます。

このステップが大事ですよ。

お金のイメージをチェック

お金を悪いものと思ったらダメ

成功のイメージを確立させると同時に、自己像を変えていくことも大事になっています。

成功のイメージを潜在意識に植え付けていくと、今までの価値観がガラッと変わる時があります。

例えば、次にようなイメージをもっている人は考え方を改めていく必要があります。

  • 今までお金は汗水垂らして稼ぐものである
  • お金持ちをみて汚い金稼いでるんだろうという風に考えている

なぜかというと、その考えがお金のイメージにつながってくるからです。

お金を悪いものと思ったらダメです。

お金を悪いものという風に思ったら逃げていく傾向があるんですよ。

これは皆さんの日常にあてはめたらわかります。

ちょっと考えてみてください。

みなさんは、嫌味を言う人のところにわざわざ近寄っていきますか?

自分がやってあげたことに「ふんっ」と言って、お礼も言わずに、イヤな事を3倍返しにして返してくる…そんな人の仕事を手伝いますか?

手伝いませんよね?

そんな感じです。

お金ってそんな傾向がかなり強いんです。

なので、お金に対してマイナスイメージを持った瞬間に、お金はどんどん逃げていきます。

基本的にお金に対しては、いい気持ちで接していかないとダメですよ。

過去の出来事が原因となっていることもある

お金を悪いものと思っている人は、幼少時代にお金に対して何か問題があったのかもしれません。

この状況は潜在意識的にお金を拒絶しているのと一緒になります。

でも、安心してくださいね。

潜在意識は大人になってからでも変えられます。

ただし、早い段階で潜在意識を変えていく必要があります。

そうじゃないと、いつまでたってもお金のイメージって良くならないし、お金も寄ってこないです。

お金を褒める

じゃあ、どうすればいいのか?

お金は良いもので、楽しくさせてくれるものとしてイメージしていくのが大事になってきます。

つまり、お金を褒めるってことですね。

実際にお金を大切にする方法

具体的な方法を紹介します。

実際に、お札も硬貨も大事にあつかってみましょう。

みなさん、自分の財布をみてみてください。

レシートやカードでパンパン、その中でお札がギュウギュウづめになっていませんか?

硬貨もギュウギュウづめになっていませんか?

この状態だったら、お札も硬貨も嫌がりますよ。

なので、いらないカードやレシートは全部処分していってくださいね。

全部処分してスッキリした状態で、お札も硬貨も気持ちよくいれるような環境にしてあげることが大事です。

本によっては、お札の向きを揃えて、心地よくできるように入れてあげるのが大事という風に書いてることもありますので参考にしてみてください。

私はその影響受けて、お札は揃えて入れてますね。

お札の向きもどっち向きっが良いっていうのがありますが、この辺りは細かくなってくるので、そこまで気にしなくていいと思います。

ちなみに財布は折りたたみ式より、長財布の方が絶対にいいですよ。

長財布の方がお札が窮屈にならなくて済みます。

私は、長財布使ってますよ。

後は、長財布とコインケースと分けて使うことが大事になってきます。

ついでにカードケースも分けた方がいいですね。

お金は居心地よければ、仲間を呼んでくれる

お金を大切にする具体的な方法をおさらいしておきます。

お金を大切にする具体的方法
  • いらないカードやレシートを整理する
  • お札や硬貨をギュウギュウつめにしない
  • 長財布・コインケース・カードケースを分ける
  • お札の向きをそろえて財布にいれる

こんな感じで、お札や硬貨を大事にして、ちゃんとした居場所をつくってあげたら、お金はさらに居心地が良くなります。

そして、居心地が良くなったお金は仲間を呼んでくれます。

なので、お金を使う時は喜んで使ってあげてくださいね。

それこそ「旅して帰ってこいよ〜」って感じでパ〜っと、楽しく使ってあげるのが大事です。

ただし、浪費はダメです。浪費と消費は違いますので、気をつけてくださいね。

浪費してもお金は帰ってきてはくれません。

消費は帰ってきてくれますよ。

ちなみに、お金を溜め込んでしまっている人は、ある意味お金が死に金になってるといえます。

死に金になっていたら、なんかあった時に一気にでていってしまいます。

お金を使える時にはどんどん使って、循環させてあげる。

そしたら仲間を連れて帰ってきてくれます。

その良い循環を十分にイメージしていくのが大事になってきます。

『マーフィーお金に好かれる50の法則』のまとめ

 

最後は少し、私の主観もはいってきましたが『マーフィーお金に好かれる50の法則』で言いたかったことをまとめます。

『マーフィーお金に好かれる50の法則』のまとめ
  • 潜在意識を味方につけ望みを叶える
  • 寝る前に潜在意識に対して、成功イメージのタネをまく
  • 良い方向にイメージをもっていく
  • 自分にとっての成功イメージを確立させる
  • お金に対して悪いイメージを捨て、良いイメージを持つ
  • 実際にお金を大事にあつかう

寝る前にお金のいいイメージをどんどん植え付けていき、潜在意識を書き換えていきましょう。

そして、お金に対して良いイメージを持つ

このサイクルを続けることでおの循環がよくなり、自分自身も富を得ていくことができます。

これが、『マーフィーお金に好かれる50の法則』の1番言いたかったことです。

1つからでもいいので、実践してみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください