外注募集していて人が集まらない!そんな時の対処法とは!?

私自身サイトアフィリエイトの外注化を得意として今現在で135人近くを回しております。

ピーク時よりかは減っておりますがそれでも一人で回すには十分な人数と考えております。

今回はその外注さんを採用してきた中で

外注募集をしていて人が集まらない!

どうすればいいのか?

と言った時の対処法を私自身の経験を交えて紹介しますね。

外注募集をしていて人が集まらない時の対処法は?

 

私がアドバイスする場合「テストライティングを無くして募集をかける」と言います。

ランサーズはテストライティングを禁止しましたのでテストライティングなしでの採用が基本になりますが、クラウドワークスはテストライティングに関しては今の所任意なのでテストライティングを求めている発注者はかなり多いです。

実際に私の所に応募してきた人の中には

「テストライティングで不採用が続いていてどこがダメなのかわからないので教えて欲しいです」

と言った相談も良くきます。

そう言う人たちを救い上げて行ってあげていく形にしたら募集したとしても人は集まってきますよ。

季節的なアノマリーに気をつける

ただ、テストライティングなしにしたら人は集まるのですが、季節的にどうしてもこない時期と言うのがあります。

それがお盆と正月なので、この時期には募集をかけてもほぼ人は来ないものと思ってください。

むしろ応募して人がきたらラッキーとくらいに思ってた方が精神的にもいいですよ。

テストライティングなしにする場合の欠点は?

実際私自身テストライティングなしにしてから募集をかけた途端に人が一気にくるようになりました。

それこそ2人見て1人応募してくる、と言う事態になった時もあります。

まぁこの時は契約手続きがかなりめんどくさかったので私個人的にはうれしい悲鳴でもありjましたが、、。

それは置いておいて、このテストライティングなしの募集にしたら当然ながら欠点もあります。

その欠点は、面白半分に応募する人もいることです。

なんか面白いことないかなぁ??と言った感じでおもしろ半分に募集文を見て

「タダで技術身につくのかぁ。ラッキー!」

と言った感じで応募してくる人も少なからずいます。

私の場合そう言う人たちも採用してきましたが、そう言う人たちは十中八九どこかで消えていきます。

やはり継続すると言う力に欠けている所があります。

ライティングの案件は続けて書くことで実力が上がっていくものなのですが、1記事2記事書いたくらいでフェードアウト、酷い場合には1記事も書かずに(さらには時間かけて作ったマニュアルを見ずに)フェードアウトする人もいます。

「マニュアルも見ずにフェードアウトするくらいなら最初から応募してくんな!」

と思うこともありますが、テストライティングなしにした場合の宿命でもありますので、ここは粛々と契約解除の手続きをしていくしかないですよ。

余談

これだけ話したら

「やっぱりテストライティングあった方が質がいいの違うだろうか?」

と思う方もいるかもしれません。

私個人的に感じていることとしては、

「テストライティングあろうがなかろうが質に関してはどんぐりの背比べ」

と感じてます。

正直テストライティングあった時でもマニュアル見ずに去っていく人いました。

またテストライティングなしの時期に採用した方でその後才能を発揮して創作ストーリーかけれるくらいにまで成長した方もいます。

最終は各々のやる気とどれだけ技術を身につけたいか」

と言うところにかかっておりますよ。

まとめ

  • 外注化して人が集まらなかったらテストライティングなしで応募する
  • マニュアル見ずに去る人もいるが気にせずに進めていく
  • 中には才能を発揮する人が出てくるのでそう言う人を発掘してくのが大事

私自身テストライティング無くした時には

「この状態で雇って行って質が保たれるのだろうか?」

と不安になった時もありました。

ただ、いざ蓋を開けてみると以前の質が保たれたどころかそれ以上の質になっていっております。

これから私自身思うこととして採用前にテストライティングをしているのは正直言って時間の無駄でしかないと感じております。

それをするくらいならさっさと採用して実務に落とし込んでいく方がよりライターのためにもなると感じております。

もし外注化をしていて人がなかなか集まらない、と言う方、テストライティングありにしてませんか?

もしそうならテストライティングをいっそのことやめてしまってもいいですよ。

やめたところで質はそんなにも変わりません。

それは私が身をもって体験しておりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください