外注化で最初の目標はどこにするべきなのか!?その目安は!?

サイトアフィリエイトをしている時に記事を倍速で増やす方法として外注化があります。

私はこの外注化を駆使してサイトを作るのが得意なのですが、この外注化も闇雲にしていたら行き当たりばったりになって思ったようなサイトができなくなります。

外注化って難しいのでは?

外注化をした時に最初の目標ってどこにしたらいいの?

という方のために、10ヶ月近くで500人以上を雇った経験から紹介していきます。

動画でも説明しております。

外注化でまず最初に目標とすることは?

 

まず最初に目標とするべきことは「10人雇ってみましょう」

え?これだけ??

と思った方いるかもしれません。

しかし、外注化をしてみたらわかりますがなかなか募集をかけても来ない時があります。

実際私が外注を始めた時期が悪い時でしたので、募集をかけても2週間近く閑古鳥が鳴いている状態でした。

そんな状態でも続けて募集をかけれますか?

この閑古鳥が鳴いている状態に耐えれずに外注から手を引く方も結構います。

正直言って今でもそうですが外注募集をかけてて一気に来る時と全く来ない時のアノマリーがありますよ。

色々試行錯誤をしてみて「この時期は来ないのか」また逆に「この時間に募集をかけたらよく来るのか」と言うのを自分の肌感覚で鍛えていってください。

「とは言っても少しは教えてくれよこの野郎!」

と思った方のために、私自身の経験から募集が来にくい時を紹介します。

募集が来にくい時は?

もうすぐ外注化も1年が来る頃になりますが、正直私の経験で言いますとお盆の時期は閑古鳥が鳴きます。

私はこの時期に外注を始めたので正直言ってこの閑古鳥の期間は辛かったですよ。

  • どうして人が来ないのか?
  • 募集方法が間違っているのか?
  • 本当は来ないんと違うのか?

こんな不安がどんどん募ってきてました。

ただ、それをすぎたらポツポツと募集が来るようになって9月に入ったら一気に募集が来るようになりました。

これから推測するに、最初の1ヶ月くらいは募集をかけても時期によってはなかなか来ないことがあります。

なので、最初の1ヶ月は10人以上集まれば御の字やな!と言う感じで進めていければ十分ですよ。

実際私も10人超えたのは募集を初めて1ヶ月すぎた時でした。

ちなみに、年末年始やGWは来る時と来ない時があります。

募集するのに適した時間は?

私の肌感覚ですが、朝と昼と夕の募集の内一番応募が多いのが夕方の募集の時です。

なので夕方の募集は必ず行うようにした方がいいですよ。

それ以外で朝と昼のどちらか、それか両方するかはその時のさじ加減で決めていいと感じてます。

なお、最近は私自身朝昼晩と募集をかけております。

10人以上集まったら

 

そんなこんなで募集をして10人以上集めれた方!

おめでとうございます。

まずは第一関門をクリアしました。

外注募集はこれでクリアではありませんよ。

ここからは自分の限界がどれくらいか把握するためにどんどん外注の人数を増やしていく段階になります。

外注さんを増やしていけばある程度になった時に「これ以上の人数は面倒見きれない」と言うのがわかるようになります。

その段階になるまでとにかく外注さんを増やしていくことが大事です。

外注さんが10人超えたら添削を外注さんに任せていく

10人超えた段階でして欲しいのが、記事の添削を外注さんに任せていくことです。

大体ですが10人くらい雇えばかなりやる気があって意欲のある人が2人くらいは出てきます。

最初はその2人をそのまま添削者にあげてもいいです。

その2人に他の方の添削を任せつつ、また新しく入ってきた人の中にやる気のある人が出てきたら添削者として他の外注さんの担当をする。

こう言う形でやっていくとどんどん自分自身がサイト運営で大切な分析やキーワードチェックの所に入っていけます。

正直記事作成もして添削もして分析もしてキーワードチェックもして、、と全て1人でしてたら社畜の場合身体がいくつあっても足りません。

  • サイト作成
  • 記事作成
  • 記事添削
  • 分析
  • キーワード選定

この中でいちばん外注化しやすいのが記事作成と記事添削です。

ここはまず外注さんに任せていくようにしましょう。

余談 私のケース

参考として私自身の経験を紹介しますので、大体このペースでいけば外注化もスムーズにできていくんだな・と感じてもらえればと思います。

私の場合ですが、まず最初に3人添削者を作りました。

そしてその3人は私が最初に雇ったメンバーでもあります。

この最初に雇ったメンバーに記事作成と記事添削のイロハを教えてました。

そして添削者になったらその3人が後から入ってきた人たちの記事を添削してくれます。

その後私が最終添削をするのですが、私が見る所は

  • サイトの設定(ペルソナ像と相違はないか)
  • 誤字脱字はないか

これくらいになりますので、大体10分以内、早ければ2分くらいで添削が終了します。

ここまで持っていけたら理想ですので、最終の添削で10分以内で終わらせれるくらいにまで短縮していけるようにしてください。

さらに、添削者も記事を書くことを考えたら1人の添削者に対して作成者は3人くらいに抑えておいた方がいいです。

5人を超えると添削者自身が記事作成できなくなります(私自身が経験済み)

添削する人は多ければ多いほど楽になりますので、やる気のある方は最初の段階でしたらどんどん添削者にしていくのも戦略の1つでもありますよ。

私はこの方法を使って外注をして5ヶ月目には100人超えを達成し、添削者も25人近くにまですることができました。

それからも増やして行きましたが、150人超えたくらいで自分が見れる限界を悟ったためにそれ以上増やすのはやめて今は150人前後をうろうろしている状況です。

人によってまちまちですが、大体100人から150人くらいが人間1人で見る数の限度かな?と感じてます。

外注化で最初に目標とするべき所のまとめ

  • まずは10人雇ってみる
  • 10人雇えれたらその中でやる気のある人を添削者として添削を依頼する
  • それ以降やる気のある人が出てきたらどんどん添削者としてあげていく
  • それを続けたら大体5ヶ月くらいで100人は超えることができる
  • 人間1人でみるには100人から150人くらいが限度

私自身外注化ということを知った時は

  • 100人なんて雇えない
  • 100人以上回すってどうやったらいいん?

と思ってました。

しかし、実際やってみると案外難しいものでもないです。

最初10人雇うことができたら100人雇うことは十分可能ですよ。

100人以上を1人で回すためのスタートラインとして、まずは10人雇ってみることから初めてください。

そしたら新しい世界が見えてきますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください