ドメイン契約するときにやった方がいい事は?注意点もご紹介!

今回は「ドメイン契約をするときにやっておいた方がいいこと」をわたくしの経験を交えてご紹介します。

ドメインを契約するときに、一体何をすればいいの?という人も多いです。

これを参考にして頂ければ、ドメイン契約は大丈夫かな?と思います。

動画でも紹介しております。

契約時にやっておいた方がいいもの

 

まず、ドメインに登録するときは主に2つあります。

whois情報公開代行

これは何かと言うと、登録情報をお名前ドットコムに名前を変更することができるものです。

多分、他のサービスでもあります。

このwhois情報公開代行は絶対にやっておいた方がいいです。

なぜかというと、登録しておかないと氏名や住所、電話番号などの個人情報が筒抜けになります。

無料で簡単に情報を調べることができるので、個人情報がだだ漏れになってしまいます。

個人情報を載せたくない方は、whois情報公開代行をしておきましょう。

情報公開代行をしていたら、個人情報を伏せることができます。

特に、副業がバレたらヤバイ人はやっておいた方がいいです。

これをやっておかないと副業バレますよ。

ちなみに、私もこの情報公開代行はやってます。

また、料金もあまりかからないです。

新規のドメインであれば1年間無料でできます。

更新のとき、年間980円かかります。

ただ、この980円で情報を保護してくれるのでやっておいた方がいいです。

そして、whois情報公開代行のメール転送オプションというものは、どっちでもいいと思います。

私自身、メール転送オプションを付けてるものも付けてないものもあります。

個人的にやってみた感想は、メール転送オプションは付けておいた方がいいのかな?と思います。

基本的に、私はメール転送オプションを付けております。

なので、この情報公開代行オプションは個人情報を表に出したくない人は付けておきましょう。

すぐにやらなくてもいいもの

ドメインプロテクト

ドメインプロテクトは何かと言うと、お名前ドットコムで例にあげると

登録したIDやパスワード、そしてドメインの情報などを暇人がパスワードを探り当てて、ドメイン情報を盗まれるというようなことから防止してくれます。

つまり、ドメインを乗っ取られるのを防止する機能です。

ただ、これはある程度サイトが成長してきて、人気が出始めてからでいいと思います。

初期段階では、アクセスもほとんど来ない状況ですし、やっても意味ないと思います。

なので、サイトが1日に1万アクセス来るようになったら保護するためにしておいた方がいいです。

というのも、サイトって作っても3ヶ月くらいは廃校で物売っているような状態でアクセスは来ません。

なので、初期段階で設定しておく必要はないと思います。

ある程度、サイトが成長したら設定するという感じでいいと個人的に思っています。

そして、ドメインプロテクトも後から追加することも可能です。

情報公開代行も後から追加することはできますが、後で追加すると追加料金がかかります。

最初に設定しておけば無料でできるので、設定しておいた方がいいです。

まとめ

 

契約時にやっておいた方がいいものは

  • whois情報公開代行
  • ドメイン契約時に設定しておけば、無料で1年間使える
  • 後で追加すると、追加料金がかかる
  • 個人情報を守るためにも設定しておくと良い

すぐにやらなくてもいいものは

  • ドメインプロテクション
  • ドメインを乗っ取られるのを防止する機能
  • サイトが成長した段階で入れた方が良い
  • ある程度アクセスも収入もある状態で設定した方が良い

今回は「ドメイン契約をするときにやっておいた方がいいこと」を経験を交えてご紹介しました。

ドメインを契約するときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください