学校システムは社会に出た時の奴隷になる象徴!その理由は!?

平日決まった時間に登校して下校する学校教育のシステム。

学校での教育は必要なものではありますが、このシステムはある意味社会に出た時に社畜という奴隷を作っているシステムでもあります。

この流れにそったまま考えることなく生活をしていたら一生社畜のまま人生を終えてしまいます。

その理由について説明していきますね。

学校システムが奴隷を作る理由とは!?

そもそも学校教育の始まりとは?

学校教育の始まりとは何か?

と言いましたら明治5年に発布された学制により国民すべてに教育の場を与える所に遡ります。

その以前からも寺子屋とかでの教育の場はありましたが、それは行くのも行かないのも自由であった時代でした。

そもそも自由であった教育を当時なぜ国民全員に教育の場を与えて行こうとしたか?

みなさん想像つきますか?

歴史について詳しい人なら想像できると思いますが、当時日本は鎖国から文明開化を経て欧米諸国に追いつこうと必死になっていた時です。

諸外国と自分の国を比べてレベルがあまりにも差があることを鑑み明治政府があるスローガンを元に国民に教育を勧めるようになりました。

あるスローガンとは?

そのスローガンは「富国強兵」

要は欧米列強に並ぶくらいに経済を発展させようとするのと強い軍事力を持とうということで、子どもの頃から欧米列強に並ぶように国民全員に教育を施したのがそもそもの始まりという説もあります。

富国強兵を2つの側面から見ていくと

  • 経済的側面

まず富国強兵を2つの側面から見ていきますと、経済的側面としてはイギリスの産業革命のように機械を使って大量に効率よくモノを生産していく流れを取っております。

その形として具体例に挙げやすいのが学制と同じ年に官営で作られた富岡製糸場です。

これ以降、少数の資本家の所で従順に働く大量の労働者というシステムが出来上がっていく流れになります。

  • 政治的側面

政治的側面としては軍事力をつけさせる所になるのですが、昔は軍隊の力と言いますと武士しかいませんでした。

文明開化後、武士だけでは軍事力をまかない切ることが不可能だったため、廃藩置県などを行い身分を撤廃して国民全体から兵力を集めて軍事力を強くしていこうという流れがありました。

その後徴兵令によって国民全体に軍隊として徴兵されることが定められるようになっていきます。

その後は歴史が語っているようにお国のためと言うことでどんどん戦争へと進んでいった負の歴史があります。

これらを学校教育の場に投入した意図は?

経済的側面と政治的側面、この両方を満たすやり方として学校教育は最適なものでした。

  • 1クラスに数十人の生徒が教室に入り、先生の合図と共に全員同じ行動をする
  • 先生の指示の元、決められた時間通りに活動する
  • この集団の中では決められた行動を取ることが当たり前とされ、外れた行動を取るひとは異端者と見られる

言い換えると学校の教育システムは一人一人に主体性を持たせるのではなく、先生や社会では上司からの言うことを従順に従ってくれる人材を育てるのが目的のシステムでもあります。

この教育システムは社畜を育ててもいる

  • 平日決まった時間に登校
  • 決まった時間で授業
  • 学校終われば帰る(または部活)

表向きには社会に出た時に生き抜く力を身につける場と言えたりしますが、別の見方で行きますと、この生活を通してどんどん社会に出た時には「決まった所へ決まった時間で働く」という考え方が刷り込まれていっていきます。

さらに先生から言われたことをやる→上司の言うことをそのまま実行する

このような形で学校のシステムがそのまま社会へいっても続くものになります。

上司の言うことそのままで行動するのは単なるロボットと同じですよ。

この言われた通りに行動すると言う考え方が抜けない限り、社畜から脱出するのはまず不可能です。

毎日決まった時間に電車に乗って、満員電車に揺られながら通勤して日々の業務に忙殺されぼろきれになった状態で家に帰って1日が終わる。

そんなことをしたいために生きている人は少ないと思います。

  • 自由な生活がしたい
  • 家族と楽しい日々を送りたい
  • 毎日ストレスフリーな生活を送りたい

そう思っている方はかなり多いと思います。

私も社畜として何年か仕事をしていたのでわかりますが、早く抜け出したくてたまらない日々を送ってました。

そして、社畜を脱出するために色々調べていたらサイトアフィリエイトというものに出会って、社畜の中実践していった結果社畜を脱出することができました。

1年間趣味や遊ぶのを我慢すれば

  • 時間の自由
  • 金銭の自由
  • 精神的な自由

これらを手に入れることができます。

私は精神的にも結構きてましたので、精神的自由を手に入れれたのはかなり大きな成果でもあります。

これからはストレスフリーで楽しい日々を送っていってますよw

抜け出すためにどのようにすればいいか?

 

この社畜の流れを抜け出すためにはまず周りや社会で当たり前と思われている価値観から抜け出す必要があります。

「社会に出て企業で働くのが当たり前」

この価値観から変えていく必要があります。

そしてお金について学校で学ぶことが全くと言っていいほどなかったので、お金について学んでいく必要があります。

今の時代インターネットで各々情報発信していける時代になっております。

まずはインターネットを駆使してお金を手に入れて自由な生活をしている人の情報を主体的に集めていくようにしてください。

そして、自分にとって何が一番時間に縛られずに自由な生活を過ごすことができるようになるのか、自分の意志で決定して進めていくようにしていってください。

できれば一生労働で稼ぐよりも自らがお金を生み出していって稼いでいく力を身につけた方がいいので、ぜひその力を身につけれるようにしていってくださいね。

まとめ

 

学校での教育は確かに必要なものですが、そのシステムに乗ったまま生活をしていたら社会に出た時に単なる労働者として生きていくことになります。

これからの時代労働者ではなく、経営者として生きていくのが確実に安全な時代になります。

どんどん価値観も多様化しているので、新しい価値も生まれております。

この新しい価値観、そしてこれからの時代を生き抜くために、今社畜を脱出するために行動してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください