アフィリエイト広告の内nendとは何なのか?使ってみた体験談は?

アフィリエイト広告は大きく分けて2つあります。

それがクリック型と成果報酬型の2種類ですが、この内クリック型で真っ先に思い浮かぶのはgoogleアドセンスだと思います。

ただ、googleアドセンスは審査が厳しいことで有名なので、なかなか受からない人もいると思います。

googleアドセンス以外にもクリック型の広告はあり、その中の1つであるnendについて詳しく紹介していきます。

nendとは一体何なのか?

 

nendは先ほど紹介した2つの分類でどちらに当てはまるかと言いますとクリック型の広告になります。

クリック型はその名の通りクリックされたら収入が入ってくる便利な広告になります。

クリック型の王道googleアドセンスはサイトによって貼ることができないサイトも少なからずあります。

例えば、婚活系(かなりグレーな所です)とかレーザー脱毛関係のサイトとかはgoogleアドセンス貼るのが少し危ない所です。

私の場合そういうサイトがありましたので、そ子にはgoogleアドセンス貼ることをためらっていました。

nendのメリットは?

その時に

「何かクリック広告ないかなぁ?」

と色々調べて行き着いたのがnendになります。

このnendは日本の会社が運営している所ですので、基本的に日本の規約に準拠します。

そしてGoogleアドセンスで貼れないサイトでもnendにすると比較的貼ることが可能になります。

私の所もnendでしたら貼ることが大丈夫でした。

そこでnendの申し込みを早速申請し、審査のため数日待ってみたら即合格の案内が来てましたね。

正直googleアドセンスよりも審査が降りるのが早いです。

この辺りは私の肌感覚になりますが、ツールで記事を作ったサイトでなく、自分の力で1000文字以上ある記事が5記事以上あれば受かるのではないか?という感じでしたね。

という感じなので、審査と言っても

「ちゃんとサイトを作ってるかどうか?」

「ちゃんとサイトを運営しているかどうか?」

この辺りを中心に見ているような気がしますね。

先ほども言いましたがサイトに5記事以上ある方でしたら申請しただけで通ると思います。

ちなみに、私が申請した時はそこそこ運営して時間が経ってた時なので40記事くらいあり、文字数も1500文字から18000文字まで様々でした。

余裕ですねw

しかし、このnendなんですけど私自身1ヵ月ちょっと運用してたのですが、使っててちょっと不具合の方が多かったんで今は運用してないです。

nendのデメリットは?

スマホでしか見れない

nendのデメリットは色々あるのですが、その1点目としてスマホだけでしか見ることができません。

PCで見ることができないのが個人的にきつかったですね。

PCで出ないので

「広告がどんな感じで出てるのかな?」

というのが気になったら一々スマホを取り出して確認しなければいけないという作業が入ってくるので、ちょっとめんどくさい感じがしましたね。

一応私のブログで使っているデザインはスマホ画面にした時のプレビューもできるのですが、そこでは出てきませんでした。

このnendを入れていたサイトは当時のユーザーの内大体7割はスマホからのユーザーだったんで

「スマホでどんな感じで見れるかの確認も含めれていいじゃん!」

という思いもありました。

ただ、私自身記事作成はPCメインでやっておりました。

広告にいかがわしいものがある

そして私がnendの運用をやめた最大の理由がこれになります。

nendの広告は1万以上あるのですが、その広告の中にちょっといかがわしい内容の広告があります。

要は広告自体が

「ちょっとこれ女性が見たらどうなんかな??

って思うようなそんな広告が結構あります。

例えば、美少女アニメが出てくるやつとかちょっと夜の相手がどうたらこうたらとかそんなのがよく出てました。

広告の中にはスマホゲームの広告も出たりしておりましたが、基本的に私が運用してた期間で出てきたのほぼ18禁みたいなものばっかりでした。

クリック単価はアドセンスには叶わない

これは言われてみれば当然と言えば当然ですが、クリック単価終わってます。

Googleアドセンスと比べたらダメなんですが Google アドセンスが5円から30円の間ってよく言われております。

この単価もものによって違うので何とも言えないんですけど調べてみたら大体これくらいの間って言っているのが多い印象です。

それに対し、nendを私自身運用していた間に一回クリックされたんですけど広告収入で言うたら4円しかなかったですね。

表示回数がかなり多かったわりに

「ちょっとこの広告収入はちょっとな〜」

のもあったのですが、私個人的には広告収入よりもちょっと広告がいかがわしいものばっかりだったんでそっちの方が気に入らなかったのがあります。

「今後どうするかは運用してみて判断しよう。」

と言うことである程度運用してみて様子見てたんですけどそのnend入れてから訪問者数が減ったんですよ。

訪問者数が減ったのを見て

「ちょっとこのまま運用してたら読者離れになってしまうな。」

という警戒心がありました。

なので訪問者数が減ったのを確認した時にnendを削除してどんなものか試してみました。

そしたら訪問者数が増えたのでやっぱりこのnendのいかがわしい広告自体が問題だったんだなっていうのが分かりました。

それからnendは入れておりません。

またスマホゲームを扱う機会があれば入れてみようかな?と考えてます。

ただ、nendよりも成果報酬型のA8やseedAppの方が成果が高いので、個人的にはそっちに流れそうな気がします。

A8はアフィリエイトする人でしたら登録していない人はいないと言うくらい鉄板のサイトですしね。

まとめ

 

簡単に言いますとnendの収入方式は Google アドセンスと同じクリック型の広告になります。

そしてnendのメリットとして

  • googleアドセンスで貼れない所も貼ることが可能

googleアドセンスで貼れないところでも貼ることはできます。

そして審査もあるんですけど Googleアドセンスと比べたら審査がかなり簡単です。

なので最低でもツールで作成したような記事でなくきちんと作られた1000文字以上の記事が5記事以上あり、継続的にやってたらほぼ間違いなく合格します。

nendのデメリットとして

  • スマホしか出ないので PC で見ることができない

個人的に広告がどんな形で出ているか気になることが多いと思います。

そのどんな感じで出ているかと言うのをスマホで見て確認しないと駄目って言うのがちょっと面倒くさかったのがあります。

  • クリック単価自体がかなり終わってる

この辺りはgoogleアドセンスと比べたら劣ることは十分承知していたので、まだ許容範囲内でした。

  • 広告の中にはちょっといかがわしいものがある

私がnendをやめた一番の理由がここになります。

私が運用していたサイトでみた時はちょっといかがわしい広告が多かったです。

私自身最初はそのいかがわしい広告をいちいち非公開に設定してたんですがそれを設定することが面倒くさくなってしまったんで一括で設定変更してみたりしてました。

一括でやってみてもいかがわしい広告は消えなかったのでもうスマホの広告のnendは切った次第になります。

このいかがわしい広告のせいでちょっと読者も減っていてたのでそのまま続けたら多分読者離れにつながるという懸念もありました。

そしてスマホ広告切ってからは読者が増えていったんで結局はこのいかがわしい広告のせいで読者離れして言ってんだろうなと今となっては思っています。

ということでアフィリエイトの広告の一つのnendを紹介しました。

基本的にこのnend使う場合はスマホゲームとかあとはギャンブル系を扱うでしたら入れるもありだと思います。

多分そっち系の方はクリック率は高いです。

ただ普通のブログ、いろんなジャンルで一般の方を対象にしたようなそういったところにはちょっとスマホ広告のnendは合わないのかなというのが私が使ってみた所の感想になります。

ということでこの中でもスマホゲームを扱っている方でしたらnendを使ってみてもいいと思いますのでそういう方は使ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください