サイトのPV数が伸びない時にすることとしたら何があるのか?

毎日更新をしていて順調に流入数が伸びていっているサイトでもPV数が伸び悩む時期が必ず来ます。

私自身その伸び悩む時期に苦悩しました。

その時に色々調べて実践したことについて紹介していきますね。

PV数が伸び悩む時期はいつ頃か?

 

PV数が伸び悩む時期としたら「月1万PV」超えたあたりになります。

実際私自身運営していたサイトが月1万PV来たあたりで伸び悩みました。

「それまで順調に伸びてたのになんで伸びないんだぁ!!」

と頭を抱えた日々がありましたよ。

伸び悩む原因とは何か?

私的にこの伸び悩んでいる時にグーグルが試しているのかな?と感じております。

それまで順調にPV数を伸ばしてきたけど「ちょっとここらで試練を与えてみようかな?」と言う感じでグーグル先生がこれからも伸びるサイトなのか、それとも沈むサイトなのか判断をしている時期に当たっているのかな?と感じております。

ここで挫折したらPV数は平行線から後に下降へと辿っていきます。

なのでまずは挫折しないことが大事になります。

伸び悩んでいる時でもやった方がいいことは?

 

PV数が伸び悩んでいる時でも「記事更新をする」は続けていくのがいいです。

やはりグーグル先生にとって一番の特効薬は記事を更新することです。

記事を更新することで

「このサイトは継続して行っているサイトなんだな」

という認識を与えることができます。

サーチコンソールをチェックして30位以内にあるカテゴリの記事を増やす

サーチコンソールやGRC、ランクトラッカーなどの検索順位追跡ツールを使ってキーワードの順位を調べてくださいね。

それで30位以下にランクインしている記事がありましたら関連する記事を入れることで順位の底上げが期待できます。

実際私自身順位が1桁台のカテゴリの中に関連記事を15記事くらい入れたら全体的に順位が底上げされた事例がありますので、これは結構有効な手段でもあります。

ただ、この時の注意点としてライバルチェックはしてくださいね。

どれだけ関連記事を入れてもライバルがかなり強すぎる所(1P目がほぼ広告や大企業案件ばかり)の場所は関連記事を入れても上位に持ってくることはできません。

リライトも必要

さらに順位を上げていくやり方として「リライト」を行っていくのも重要になります。

記事は1回公開して終わりではありません。

公開してから詳細なデータが出るまでに約2ヶ月から3ヶ月かかりますので、それくらい経ってからTOP30位以内に入っている記事がありましたらリライトをかけていって順位を上げていってください。

これも私の実体験ですが、リライトかける前に5位だった記事がリライトかけた後1位に上がった記事があります。

先ほども言いましたが正式な順位が出るのが大体2ヶ月から3ヶ月位かかりますのでそれくらいに良い順位の奴はリライトかけていくのが大事になってきますよ。

この時も注意点としてリライトしても上がる所と上がらない所があります。

ライバルチェックして1P目に個人ブログや無料サイトがきている所でしたらリライトをかけていってください。

まとめ

  • 月1万PVきた辺りでアクセスが伸び悩むことがある
  • アクセスが伸び悩んだ時にすることとしたら記事更新、リライトの2つ
  • 伸び悩んでも継続して記事を入れていくことが大切

グーグル先生のアップデートとかで順位が変動することも多いですが根本に立ち返って何が大事かと言いますと

  • 記事更新すること
  • リライトしていくこと

この2つがものすごく大事になってきます。

アクセスが伸び悩んで頭を悩ましていても以前と変わらず淡々と記事は更新していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください