アウトプットで書く時にプラスしてオススメの方法とは!?

何か覚えようとした時に書いて覚える方が多いと思います。

そして覚えたことがちゃんと身についているかどうか確認する時に再度書いて確かめてみる方が多いのではないでしょうか?

今回はそのアウトプットする時にオススメの方法について紹介します。

アウトプットで書く時にプラスした方が良いものは?

 

結論から先に言うと「動画撮って喋ってみる」これに尽きます。

さらに付け加えて、インプットする時も紙に書いてするのではなく、PC上のメモ帳とかの電子媒体でするのがさらに良い方法になります。

喋ってみたほうが良い理由は?

手で書いてみる方法よりも実際に喋ってみて確認した方がより脳に作用します。

喋ってみて詰まった所は完全に覚えきれていない部分と言うのがはっきりしますので、その部分はまた後でインプットしてすぐにアウトプットすることが大事になります。

理想は何もない状態で喋れることなのですが、それでは最初難しいかもしれませんので、最初はPCのメモ帳とかにメモしてそれを言う形にしても構いません。

ある程度繰り返していたらその内みなくても言えるようになりますよ。

インプットする時にオススメのツール紹介

この時インプットするに当たってオススメするツールとして、「マインドマップ」を使ったらより体系的に覚えやすくなります。

ある事柄に関してどんどん広げて書いていくことによって関連ついた内容とそうでない内容との整理がついていきますよ。

マインドマップのソフトも色々なものがありますが、私個人的には「Xmind」が使いやすかったので、Xmindで体系的にまとめて行っております。

動画を撮るのにオススメのツールは?

動画を撮るのにオススメのツールはwindowsとmacとで変わってきます。

  • windowsでしたらbandicam(10分位しか撮れない制限あり)
  • macでしたらQuick time player(制限なし)

操作のしやすさは断然macのQuick time playerです。

私は動画撮影するためだけにmac PC買いました。

「そこまでする余裕がない!」

と言う方でしたらスマホやiPhoneの動画撮影機能を使っても同じ効果がありますよ。

喋れる場合は文章としてまとめても上手く書ける

 

これは間違いなく言えていることですが、ある事柄について喋れるくらい頭に身についている時は文章にしてみるとかなり上手に書けるようになります。

何せ喋っていることをそのまま文章にしたら良いだけです。

それをするだけでわかりやすく、かつ理解しやすい文章が書けたりしますよ。

「なかなか良い文章が書けないなぁ」

「いつも紙にメモを取っていてなかなか覚えれないなぁ」

と思っている方は、一度大まかな部分だけXmindで書いてみてそれを喋ってみることを実践してみてはいかがでしょうか?

物事の身につき方が圧倒的に早くなりますよ。

何度も繰り返すことが大事

この覚え方ですが、基本的に何度も繰り返しやることが大事になります。

1回全部覚えれて言えた!と思っても少し間を開けて言ってみたら思い出せないことそこそこあります。

最低でも3回くらいマインドマップに書いていることをそのまま言えれるようになったら知識として身についておりますので、それくらいは目指してみてくださいね。

まとめ

  • 書くのをPC上にする
  • 体系的にまとめれるXmind使ってみる
  • まとめたことを喋ってみて記憶に入っている確認する

私はこの方法をサイトアフィリエイトのやり方を実践する時にやってみました。

サイトアフィリエイトは成功法則がある程度決まっておりますので、それを覚えてあとは継続して実践するだけの世界になります。

私自身の場合ですが、大体1ヵ月ちょっとやってみたら嫌でも頭に入っておりますよ。

この時に重要なのが繰り返し行うことですので、繰り返して実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください