アフィリエイトとグーグルアドセンスは併用した方がいい理由は?

サイトアフィリエイトをしていたらASPに登録してASPのリンクを貼り付けると思いますが、それと一緒にグーグルアドセンスをつける場合が多いです。

サイトの内容にもよりますがグーグルアドセンスはつけれたらつけておいた方がいい理由を紹介します。

アフィリエイトとグーグルアドセンスを併用したらいい理由は?

 

これに対して一言でいいますと「収入源が増えるから」です。

ASPのリンクだけでしたら収入源はASPの広告収入だけになります。

そこにグーグルアドセンスが入りますとASP+グーグルアドセンスとなり、2つの所から収入が入るようになります。

サイトアフィリエイトをする場合はこのようにして複数の手段から収入を手に入れてるようにしていくことが必須になってきますよ。

グーグルアドセンスは初期段階では貴重な収入源

グーグルアドセンスはサイトアフィリエイトを始めたすぐの段階でしたら貴重な収入源になります。

これがASPだけでしたらなかなか成果が出なくてモチベーションを保てなくなって挫折する時もあります。

初期段階で目に見えて成果が出るグーグルアドセンスはモチベーションを保てれるための保険にもなりますよ。

アフィリエイトとグーグルアドセンス併用する時の注意点

 

この利点があるアフィリエイトとグーグルアドセンスの併用ですが、注意点もありますので一部ですが紹介します。

グーグルアドセンスで規約違反になっているものは載せない

これは当たり前ですがグーグルアドセンスで規約違反になっているものを載せたら警告が来て最悪アドセンスが剥奪されます。

そうなったら再申請できませんので、グーグルアドセンス載せる前に規約違反でないか確認をしてくださいね。

代表的なものを言いますと

  • タバコ、お酒に関するコンテンツNG
  • グロテスクな画像が貼ってあったらNG
  • 下品な言葉使いがあったらNG

この辺りは当たり前と言えば当たり前ですね。

わかりやすい基準として、「親子で記事を見れるか」というのが大事なポイントになってきます。

親子で記事を見れる内容でしたら基本的にグーグルアドセンス規約に引っかかることはない場合が多いです。

ちょっと気をつけなければいけないもの

親子で観れる内容でも気をつけなければいけないことがあったりします。

それが「花火」に関する記事です。

グーグルアドセンスでは何故か花火=火薬に関するコンテンツに該当してNGになります。

なので、「夏の花火大会オススメポイント」という形で紹介したらグーグルアドセンスに引っかかる可能性がありますので注意してください。

ASPリンクとグーグルアドセンスの広告を並べない

この辺りは人によって分かれますが、基本的にグーグルアドセンスは「広告」というのがはっきりわかるように表示する必要があります。

その関係で、ASPリンクとグーグルアドセンスを並べて表示させたら紛らわしいコンテンツとしてアドセンスから注意勧告が来ることがあります。

なるべくリスクは避けていくことが大事ですので、ASPリンクとグーグルアドセンス広告は並べてしないようにしましょう。

グーグルアドセンスには「スポンサーリンク」をつける

グーグルアドセンスは広告というのをはっきり表示させる必要があります。

その表示方法としては英語表記でSponsored Links」か日本語表記で「スポンサーリンク」とつける必要があります。

英語表記の場合綴りを間違えたらダメなので、無難に「スポンサーリンク」としておけば間違いはないですよ。

これは必ずつけてくださいね。

アフィリエイトとグーグルアドセンスを併用するまとめ

  • サイトによるが併用できるなら併用する
  • アドセンスの規約に気をつける
  • 目安は「親子で記事を見ることができるか」
  • 広告には「スポンサーリンク」をつける

グーグルアドセンスは時期によって受かりやすい時と受かりにくい時があります。

私がグーグルアドセンスを申請した時が比較的受かりやすい時期でしたが、それでも2回落ちております。

3回目の申請で受かって今はグーグルアドセンスも併用しているサイトもあります。

グーグルアドセンスは1回受かれば次からは追加設定すればいいだけですので、サイトの方向性でグーグルアドセンスを付けれるサイトでしたらぜひつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください