飲み会のお金がもったいない!それ間違ってない!その理由は?

社会人として働いたら「何となく付き合いで飲み会」言うのが多いのではないでしょうか?

ひどい人でしたら毎週のように飲み会に行っているかもしれません。

その飲み会で何か得たものありますか?

そして飲み会で言った内容覚えてますか?

その回答として「何もえることがなかった!」と言うのが殆どですよね。

その考えは間違っていませんよ。

その理由を深掘りしていきますね。

飲み会のお金がもったいないと思う理由は?

 

回答から先に言いますと「自分が行きたくない飲み会だから」と言うのが一番大きいです。

その飲み会なぜ行かなければ行けないのでしょうか?

  • 上司との付き合いのため
  • 出世のため?
  • 会社としての恒例行事で全員参加が決まっている?
  • ただ単に愚痴を言い合うため?

だいたいこんな感じなのが多いと思います。

社会にでて組織の中で働くとなると「右にならえ」でついていく傾向が強いです。

皆さんも仕事をしていて経験あるのではないでしょうか?

何かアイデアを出したとしても

  • それは前例がないからダメだ
  • そんなアイデアダメに決まっている
  • そもそもそれをするにしてもどこからお金を捻出するんな?

と言う感じで芽が出そうになっても抜き取られることが多いです。

仕事ではそんな感じでアイデアを出しても潰しにかかることが多いのにこれが飲み会の場となると

  • なぜ参加しないのな?
  • 他のみんなは参加する、参加しないのはお前だけだ
  • これ行かないと後々出世に響くぞ

と言う感じで言ってくる上司も中にはいますよね。

正直飲みニケーションと言う言葉が成立していたのは遠い昭和の頃の話です。

それから年号は2回変わって今の令和の時代になったらそんな古い習慣はとっとと抹殺してもいいくらいになります。

行きたくないのなら行かなかったらいい

 

私自身強く思っていることがこれになります。

私も社会人になってすぐの頃は飲み会と言う飲み会にはほぼ全て参加しておりました。

それが社会人として当たり前のことであり、出世するのに影響すると思ったのもありました。

しかし、実際飲み会に参加して話す言葉としたら

  • 上司の武勇伝(今の時代通用しない話)
  • 上司の愚痴
  • 中には酒飲んで豹変する人もいる(今でしたらアルハラでも通用する)

こんな感じの人が殆どでした。

そして飲み会に参加した後いつも思ってました。

「飲み会の4000円、無駄だったなぁ、、。これがあればステーキ食えたのに。」

とつくづく思ってました。

月日が流れ結婚してからその感情は益々強くなり、飲み会に使うお金すらもったいなくなるように感じてました。

いっそのこと飲み会に参加しなかったらどうなるか試してみて

 

子どもが生まれた辺りから一気に出費が増えるようになったので、いよいよ生活費がきつくなってきました。

そんな折に部署異動があり、飲み会が格別多い部署に異動になりました。

ほぼ毎月のようにある飲み会でしたが、「飲み会に参加しなかったらどうなるんだろう?」と思って最初の飲み会以降全て子どもを理由にして断り続けてました。

断っても特に変化なし

そんな生活を半年近くやっていましたが、正直言って目に見えての嫌がらせとかはなかったですよ。

ついでに言いますとその部署は不夜城みたいに残業が激しい部署でもあったのですが、その中でも私は定時になったら速攻で帰ると言う技を1年近く続けてました。

そしたら周りからも特に何も言われることがなくなったので最後の方は飲み会の誘いもかからなくなり、定時になって速攻帰っても何も言われることはなくなりました。

飲み会で浮かしたお金と時間で何をしていたのか?

普通に社畜としてずっと働く考えを持っている方はこんなことをしたら将来的に肩身の狭い思いをすることになります。

しかし、私は「こんな所からさっさとおさらばしてやる!」と言う気持ちが強かったため、あることに飲み会で浮いたお金+家計を節約して浮かしたお金を投入することになります。

ネットビジネスに全力投球する

そのあることとは「ネットビジネス」です。

その中でも成功したら資産になる「サイトアフィリエイト」に全力を投入するようになりました。

サイトアフィリエイトは簡単に言いましたら、こういうブログで商品を紹介して読者が気に入ったら商品を購入してくれます。

その商品購入してくれたら広告主から売り上げの数パーセントから数十パーセントを広告料としてもらうビジネスモデルになります。

このサイトアフィリエイトですが、事業をする上でデメリットになる要素がほぼないに等しいです。

  • 初期投資が安い
  • 在庫を抱えることがない

事業をする上で大きな障壁となるのがこの2つです。

飲食店の例

例えば事業する上で代表的な飲食店を開く場合、開業資金として数百万〜数千万の資金が必要になります。

そのお金を賄うのは難しいので銀行でローンを借りて運営していくことになるため、開業当初から大きな借金を背負った状態になります。

さらに、飲食店は食材を仕入れるコスト、店を借りてたら賃借料などのコストがかかりますが、この中でも食材を仕入れるコストが経営を圧迫することが多いです。

食材は基本的にその日に使い切れなかったら廃棄処分になります。

その廃棄処分になったらその食材を仕入れたお金は無駄になりますよね。

需給と供給のバランスを考えて仕入れると思うのですが、それでも一定数の廃棄が出るのは飲食店をしている以上仕方ないことです。

サイトアフィリエイトは?

それに対しサイトアフィリエイトは最低ドメインとサーバーさえあればサイト構築することができます。

この金額も年間2万円ちょっとあれば十分できますので、飲み会を5回断った金額でサイト作成可能ですよ。

そしてサイトアフィリエイトはネット上の広告業である以上在庫を持つことがないです。

在庫をもつことがない=経営圧迫するリスクが少ない

と言うことになりますので、これからの時代にぴったりのビジネスになります。

資金が少ない状態では先にサイトアフィリエイトを初めて、ある程度の資金を稼げれるようになったらその資金を運用に回していくのが安全かつ長期的に見てお金を増やしていける方法になります。

サイトアフィリエイトの欠点は?

このサイトアフィリエイトですが、唯一の欠点と言いますと稼げるまでに時間がかかると言うことです。

大体稼げるようになるまでに1年はかかりますので、その1年間はしんどい日々を過ごすことになります。

それを我慢すれば本業をも上回る収入を得ることも十分可能になります。

「強制の飲み会に参加するのは嫌だ!」

「こんな生活から抜け出したい!」

と思っている方はぜひサイトアフィリエイト、始めてみてはいかがでしょうか?

飲み会のお金がもったいないのは間違っていないのまとめ

  • 飲み会の殆どはいやいや行くことが多い
  • 飲み会で得られるものはほぼ何もない
  • お金払って上司の愚痴を聞かされるくらいならそのお金をネットビジネスに使うのがいい
  • ネットビジネスでもサイトアフィリエイトが元手が少なくできるのでオススメ

「また無駄なお金を使ったな、、」

「あんな上司の愚痴を聞くのに金払うくらいなら子どもの絵本買う方がマシだ・・」

「こんな生活から抜け出したい」

そう思う方はかなり多いのではないでしょうか?

私もかつてその社畜の一員でしたので、その気持ちは十分わかります。

しかし、私はその生活から抜け出したい!

自由な生活を送りたい!

という考えが強かったので、色々調べていくうちにサイトアフィリエイトについて知ることができ、それから師匠のコンサルを受けて今に至っています。

もうあとはそのまま突っ走るだけの状態です。

本業の収入を超えて社畜を脱出して無駄な飲み会に付き合わされる生活から抜け出しませんか?

飲み会に参加するとしても自分の役に立つ飲み会に参加するようにしませんか?

そんな生活も正しいやり方で行けば1年あれば夢ではありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください