最近よくあるFree wi-fi は繋がない方がいい!その理由は!?

ここ最近free wi-fi spotと言うことで、店や公共施設、果ては自販機に到るまでwi-fi接続できる所が増えております。

しかし、このfree wi-fi spot

私自身は絶対に繋がないです。

なぜ繋がないのか??

そもそもfree-wifi-spotとは?

 

最近増えていfree-wifi-spotですが、簡単に説明しますと、企業や自治体がwi-fiの機器を設置して、そのwi-fiが届く範囲にいる人に対し、特定のパスワードを入力したら高速回線での接続ができるというサービスのことです。

最近では自動販売機や大型ショッピングモールに設置されているのをよく見かけます。

さらに、公共施設(体育館やホールなど)の大きな施設でしたら設置されていることが最近増えてきました。

最近では格安携帯とかが主流になってきており、ある一定の通信量以上になると通信制限がかかってかなり重たくなりますよね。

それもfree-wi-fiに接続すれば、その通信量はfree-wifiが肩代わりしてくれますので、自分の所持している携帯の通信量の節約ができるという大きなメリットがあります。

ただ、この大きなメリットよりも、デメリットの方が大きいので、私の場合絶対にfree-wifiには接続しないようにしてます。

なぜ繋がないのか?

 

この大きなメリットがあるfree-wifiをなぜ繋がないかと言いますと、free-wifiは基本パスワードを入力したら誰でも入れます。

そして、その範囲にいる方は同じアクセスポイントで共有されてそこから飛んでいるということです。

と言ってもわかりにくいので簡単な例を出して説明します。

例えば今大阪にいて、東京へ遊びに行こうと考えているとします。

その場合、東京へ行く方法は色々あります。

高速バスで行く方法もあれば飛行機で行く方法もあり、新幹線で行く方法もあり、自転車や歩いて行く方法もあります。

要はこれをネットの世界で言い換えると、高速バスや飛行機や新幹線や自転車や歩いて行くのがつなぐ手段になります。

普通の携帯回線は高速バスと思ってください。

そこに、あるセールスマンA(これがfree-wifiとします)が来て、セールスを行います。

A「あちらの発券機で飛行機のチケットが取れます」

A「あの発券機でとった場合、通常20000円かかる所が8割引の4000円で取れますよ!」

と言ったらみなさん発券機に群がりますよね。

普通の人なら群がると思います。

ほとんどのfree-wifiスポットは悪いことをされていない(いいセールスマン)なので、発券機に向かっても普通にチケットが取れて飛行機に乗れて東京へ行けます。

ただし、一部には悪い人(悪いセールスマンB)もいます。

8割引きで発見できる発券機をいいセールスマンAがトイレ休憩で中抜けしている間に悪いセールスマンBが発券機を改造して表記はそのままで出てくるのが東京行きのチケットでも搭乗時間ギリギリのチケットになるように改ざんしました。

これくらいならまだマシですが、ひどい場合は搭乗時間を過ぎたチケットになるように細工をしました。

そして、悪いセールスマンBが帰った後、良いセールスマンAが再び売り込みをするとまた人が群がります。

そして発券を行いますが、出てくるのは搭乗時間ギリギリのチケットばかり。

みなさん慌てて搭乗口へ走りますが、一部乗り損ねる人が出てきます。

その人たちが良いセールスマンAに文句を言いに行こうと戻った所、セールスマンAもチケットが搭乗時間ギリギリや搭乗時間が過ぎているチケットになって改ざんされていることに気づき、その場からトンズラしていると言う事態になっていた。

と言うことがありえます。

何か具体例の方がわかりにくくなってしまったような気がしますが、悪いセールスマンBと言うのがfree-wifiを使ってスマホとかにウイルスを飛ばしている人です。

そして、そのウイルスに感染した被害者が発券機を改ざんされたのちにチケットを購入した人たちです。

こう言うことがいつ起こるかわかりません。

そして、一旦お手持ちのスマホがウイルスにかかってクレジットカード情報とか抜き取られたら最悪です。

なので、私は絶対に繋がない主義です。

じゃぁどうしてるのか?

 

対策方法はかなり簡単です。

自分でwi-fiを持つ

ぶっちゃけこれが一番安全です。

自分(最大でも家族まで)しか繋がないようにしておけば、他人からの干渉を受けることなく安全にネットをつなぐことが出来ます。

もし、free-wifiでウイルスを飛ばしている人がいても、自分独自の回線でやってたら関係ない話ですね。

スマホはウイルス対策ソフトを入れていない方も結構いますので、この辺り気をつけていただければと思います。

まとめ

 

・free-wifiは最近公共施設や店、自動販売機などに設置されていて増えていってる

・たまにfree-wifi上でウイルスを飛ばす人がいる

・そのウイルスにスマホが感染してクレジットカード情報や個人情報が漏れたら最悪になる

・対策としてはfree-wifiには繋がないこと、そして、自分で独自にwi-fiを持つことが大事

以上、free-wifiについて私自身が思っていることでした。

基本便利なfree-wifiですが、つなぐ場合は自己責任でお願いします。

今の時代何が飛んでいるかわからない時代ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください