内部SEOと外部SEOの違いとは!?外部は使いすぎると危険??

サイトアフィリエイトをしばらくしていたら自然と耳にする言葉に

  • 内部SEO
  • 外部SEO

この2つがあります。

この2つは似て非なるものでもあり、使い方を間違えたらサイト自体が飛んでしまう事もあります。

今回はその内部SEOと外部SEOについて簡単に紹介していきます。

内部SEOとは?

 

内部SEOと言うのはサイト内でのリンクや見出しなどを設定することを言います。

それ以外ににhtmlタグとか色々あるのですが、ワードプレスを使っている場合であまりプログラミングについて詳しくない方でしたら最低限のこととして

  • サイト内の関連記事にリンクをつける
  • 見出しなどを使って見栄えをよくする

この2つくらい覚えておけば十分かな?と思います。

特に重要なのがサイト内の関連記事にリンクをつけることになります。

この部分ですが、基本的にサイトに来た読者はなかなか次のページを見てくれません。

例えば、カレーの作り方を紹介しているAという記事があり、カレーに加えたらオススメなスパイスを紹介しているBと言う記事があるとします。

このAという記事がgoogleから評価されて検索でも1P目に入るようになり多くの読者が来てくれるようになりました。

ただ、できればスパイスを紹介しているBの方を読んでもらいたいと言う場合、そのまま放置していたらなかなか読者はBと言う記事を読んでくれません。

そう言う時の対処法として、カレーの作り方を紹介しているAの記事内に「ここでいつもとは違うアクセントが欲しい方、詳しくはこちらをご覧ください」と言った感じでスパイス紹介しているBの記事を紹介してB記事へのリンクをカレーの作り方を紹介しているAの記事内に付けます。

そうしたら、興味を持った一定層の方がそのリンクからBの記事も読んでくれるようになります。

このようにしてやっていくのが内部SEOです。

※本来はそれ以外にも色々ありますが代表的なものだけ紹介しております。

外部SEOとは?

 

それに対し、外部SEOと言うのはサイト同士リンクでつなぎ合わせることになります。

と言ってもわかりにくいので具体例を入れて説明します。

あるサイトA(婚活に成功した経験談)を書いているサイトがあるとします。

そしたら、その記事が本当に内容がよくてためになる場合、他の運営者から「このサイトをおすすめします」と言うことで入るリンクが外部SEOになります。

別名被リンクとも言います。

このように全く関係ない第三者からリンクを付けられる事はサイトを運営している人にとってはかなり嬉しいことでもあります。

一昔前に流行った危険な方法

今ではほぼ通用しない方法ですが、この外部リンクがついて評価が上がるのを逆手にとって、自分自身で被リンクを作ってやってた時代がありました。

先ほどの例で言いますと、婚活で成功した経験談Aサイトの傍系に

  • 婚活パーティーに参加した男性の話・Bサイト
  • 結婚相談所へ行って挫折した経験談・Cサイト
  • 合コン行きまくっている経験談・Dサイト
  • 街コンに行って挫折した話・Eサイト

と行った感じで作ってそれぞれのサイトから「これらの方法はダメだったのですが、このAサイトのやり方でやったら成功しました。」と書いてAサイトへリンクを飛ばす形になります。

ただ、今の時代googleはすぐにこれを見抜きます。

この不正な被リンクがバレたら速攻でBCDEのサイトは飛ばされます。

そしてメインサイトであるAサイトも飛ばされる可能性がありますので、今の時代こんな危険な手段はしない方が賢明です。

内部SEOと外部SEOのまとめ

  • 内部SEOはサイト内でのリンクや見出しをつけること
  • 外部SEOはサイトからサイトへのリンクを付けてもらうこと
  • 今の時代自演リンクは危険すぎるのでしない方がいい

正直今でもこの自演リンクをつけてサイトの力を上げていく手法を紹介している教材あったりもします。

ただ、個人的にはそれは時代遅れのやり方であり、今は本当に読者にとってタメになる記事を書いていけば自然とアクセスは集まってくると考えております。

これからの時代どんどん価値観は多様化していくので、その多様化していく価値観に合わせて価値のある記事を提供できるようにしていけば、これからの時代でも十分評価されるサイトになっていくことは可能ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください