ブログ記事が書けないと思っているのは思い込み?その理由は?

ブログの記事を作っている時によくある話として

「ブログの記事が書けない」

「どうやって書いたらいいかわからない」

というのがよくあります。

こういう場合、コツさえつかめれば記事は書けるようになっていきますよ。

そのコツを今回は紹介しますね。

ブログ記事が書けないと思っている理由は?

 

ブログ記事が書けない!と思っている方の一番の理由として

  • 完璧な記事を書かなくてはいけない
  • 絶対にいい記事を書く!
  • 経験がないから書けない

大体がこんなパターンに陥って書けない→やる気がなくなる→書かなくなるというスパイラルに陥っていきます。

まずは質より量をこなず

最初から完璧な記事なんて書ける方はいませんよ?

今記事で検索かけて上位にいる人でも最初の段階の記事を見たら

「何このクソ記事は!?」

と言うのが普通にあります。

みんな誰しも最初は下手くそな文章から始まっているんです。

その下手くそな記事からどんどん記事数をつむごとにコツを掴んで行って上手くなっていくものですよ。

例えば、算数の問題とか言えているじゃないですか?

最初は掛け算割り算わからなかったと思います。

それを学校で習い、計算問題で復習を重ねて行くことで理解できて掛け算割り算が解けるようになっていくものです。

ブログの記事もそんな感じで上達していきますので、まずは量をこなしていくことが大事になってきますよ。

その時に絶対「いい記事を書く!」と思ったらダメです。

完璧主義は全ての諸悪の根元になりますので、完璧にするくらいなら適当にしていくのが絶対的に上達が早いです。

「この記事。俺的には微妙やけどなぁ。公開しようかなぁ??」

と迷っている記事があった場合でもどんどん公開していってください。

そんな記事が意外にアクセス集めて稼ぎ頭になる可能性ありますよ。

私も経験しておりますが、1週間かけて必死に考えて作った記事よりも4時間くらいで適当に作った記事の方がアクセス多かったことあります。

記事の本当の良し悪しは実際市場に出してみて反応をみないとわからないものです

公開するかどうかで迷っている場合は公開してください。

この時の注意点として、グーグルアドセンスやアマゾンアフィリとかをしている場合はそこの規約に違反しないかどうかは確認してくださいね。

経験ないからかけない

経験ないことを描こうとしているから書けなくなりますので、最初は何か経験あることや興味のあることを中心に書いていくのがいいのかな?と個人的に感じてます。

ただ、経験なくても書くことはできますよ。

経験ないことを書く場合は絶対にライバルリサーチをすることが必要になります。

  • 書きたいキーワードで検索をかけてみる
  • 上位1P目に出ている記事を見てみる
  • ライバル記事で参考になる部分を取り入れて書いてみる

こんな感じでやっていくと経験なくても記事としての体裁はできますよ。

よりわかりやすくするために具体例を入れるのがいいのですが、その部分を自分が経験したことのあるものにすり替えてすればどんどん量産していくことが可能になったりします。

経験ないことを書くのは難しいことですが、これができたら正直どんな記事でも書けるようになります。

私の外注さんの中には全く経験がないことでも感情の入った良い記事を書ける方が何名も出ております。

コツさえつかめれば良い記事は書けるようになります。

なので、最初はしんどいかもしれませんがコツを掴むまで書いていってください。

まとめ

  • 最初から完璧に書く必要はない
  • 最初は質より量をこなすことが大事
  • 結果は公開してみないとわからないから迷っているなら即公開
  • 経験ないことでもコツさえつかめれば書ける

私自身最初は1000文字くらい書くのがやっとと言う状況でした。

そしてそれを書くのに4時間か5時間くらいかかってた記憶があります。

ただ、経験を積んで書くことを続けたことによって、今この記事は大体20分くらいで書けるようになっております。

何事も経験を積めば必ず上手くなります。

ブログ記事のコツを自己流で掴むのはなかなか大変ですので、最初は外注で雇われてマニュアルをみたり、どこかのコンサルに入ってみたり、優良教材を買って学んで行くと自己流でやるより早く上達します。

実際私も有料教材買ったりコンサル入ったりして一気に上達するレベルが早くなりました。

なお、ブログ記事もある程度決まった形があります。

その形通りにしたらそれなりの記事は書けるようになりますので、ぜひその形を慣れるまでやっていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください