もしもアフィリエイトの簡単リンクが前よりも使いやすい!

前々から楽天商品やアマゾンの商品リンクを貼るのにもしもアフィリエイトの簡単リンクは使っておりましたが、今回リニューアルして以前よりもかなり使いやすくなっています。

今回はその新バージョンを使った体験談を紹介して行きますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もしもアフィリエイトの簡単リンクとは?

 

知らない方のために説明しますがもしもアフィリエイトの簡単リンクは楽天やアマゾンの商品リンクを貼り付けるためのリンクを簡単に作れるサービスです。

旧式の場合はID番号を控えてそれをカエレバに貼り付けて対応しておりましたが、アマゾンの規約変更とかもありカエレバも以前と比べると使いにくくなっておりました。

なので、商品リンクを貼るのを少し遠ざかってましたが、最近もしもアフィリエイトの簡単リンクがリニューアルしたというのが入ってきて早速使ってみた所、以前とは比べ物にならないくらいに使いやすくなっております。

新バージョンの使い方とは?

 

その新バージョンの使い方を簡単に説明して行きますね。

 

もしもアフィリエイトのトップ画面ですが、個人情報に当たる部分は全て消しております。

赤囲み部分、かんたんリンクという所をクリックしてください。

そうしましたらこんな画面が出てきます。

個人情報があるので消しておりますが、水色囲み部分の掲載するサイト名を必ず確認してからリンクを作るようにしてください。

ここ間違えてたら後々めんどくさいことになります。

掲載するサイトを確認したら赤囲みの部分で商品を入力し、青囲み部分で検索をかけます。

そうしましたらこのように検索結果画面が出ますので、自分が載せたいと思っている商品を探して行ってくださいね。

ちなみに、今回はmacbook airで調べたので結構早い所にありました。

緑で囲っている部分を開くとアマゾンの商品紹介へ飛びます。

ここは本当に紹介したい商品なのか確認するために使ったらいいと思いますよ。

紹介したい商品で間違いなかったら、赤囲み部分をクリックしてください。

 

クリックしたらこのように詳細表示が出ます。

ちなみに、PCですとこのような形で表記が出ますよ。

 

ちなみに、スマホではこんな画面になるみたいです。

先ほどのPC画面の方に戻り、緑囲み部分が商品リンクになるので、緑囲み部分をワードプレスの記事内にテキスト形式で貼りたい所に貼ったらそれで終了ですが、最初だけ1つ設定することがあります。

設定しないといけないことは?

最初商品貼時だけ設定しないといけないことなのですが、赤囲み部分の〜を<head>タグに入れてくださいというやつ。

これを入れておかないと綺麗に表示が出ません。

そのやり方も紹介しますね。

まずワードプレスのダッシュボードを開いてください。

相変わらず個人情報にかかる部分は全て消しておりますが、この中で「外観」をクリックし、その中にある「カスタマイズ」というところをクリックしてください。

私が使っているのがstorkなのでstorkの設定になっておりますが、他のでも大体同じ設定になると思います。

この画面が出たら真ん中辺りにある「アクセス解析コード」をクリックしてください。

 

アクセス解析コードをクリックしたらこのような画面になりますので、その内下にあります「head」の所に商品詳細ページPC表示の中にある赤囲み部分のコードをそのまま貼り付けてください。

貼り付けたら右上にある「公開」を押せば設定完了です。

別記事から持ってきましたが、公開したらこんな感じになります。

注意点

 

この手のコードではよくあることなのですが、カエレバで商品紹介していた場合はそのまま旧式でかんたんリンクをカエレバで貼り付けて商品紹介してください。

新旧混ざると不具合が起きる可能性があります。

今回たまたまサイトにカエレバを入れていなかったのでこのまま新しいかんたんリンクをそのまま入れてみて試してみた結果になります。

次からはこれで行こうと私自身思っております。

もしもアフィリエイト簡単リンクのまとめ

  • 以前よりかはかなり使いやすくなっている
  • ただ、カエレバを使ってた場合は従来通りカエレバでした方が安全

今後サイトを作っていく方はぜひこのもしもアフィリエイトの簡単リンクを使ってみてください。

この簡単さは他の類をみないくらいです。

これからどんどんアマゾンや楽天の商品を貼っていけますので、どんどん貼っていこうと思いますw

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください