SEOは本当にオワコンなのか?オワコンと言われる理由は?対処法は?

「SEOがオワコンだ」と言う話を聞いたことがある人もいると思います。

確かに、私自身、昔に比べたら、SEOは厳しくなっていると実感しています。

じゃあ、なぜそんなに厳しくなっているのか?本当にSEOはオワコンなのか?という部分を実体験を交えてご紹介します。

動画でも紹介しております。

SEOがオワコンであると言われる理由

Googleアップデートの影響

Googleは、年に何度かアップデートをします。

過去には、ペンギンアップデートと言う物がありましたが、最近では2019年3月と6月の2回、アップデートがありました。

この2019年3月のアップデートは、かなり影響が大きかったです。

アップデートによって「サイトが飛んでしまった。」とブログなどで嘆いている人が何人もいましたね。

色んな方のブログを見る限り、飛ばされていたのは、健康分野と美容分野が多かった印象を受けます。

また、2019年6月にもアップデートがありましたが、3月に比べるとそんなに影響は無いようでしたが、飛ばされている人は何人かいたという感じです。

ちなみに、私が運営しているサイトは、一部飛ばされたキーワードもありましたが、そんなに大きい影響は受けませんでした。

実際に健康分野を持っていますが、一部を飛ばされただけでメインの部分は幸い飛ばされませんでした。

ただ、個人的に健康分野は、今後危ないと思っています。

これから健康分野をやってみようかな?と考えている方は参入しない方がいいと思います。

個人でやっていくには法律の関係もあってかなり厳しいです。

大手企業が続々と参入している

また、大手企業がすごい勢いで続々と参入しています。

私がサイトアフィリエイトを始めたのは、2018年8月からなんですが、検索すると大手企業が1ページ目に出てくる頻度が増えています。

昔に比べると、徐々にレッドオーシャン化している状況です。

正直なところ、大手企業は何千万円と言う広告費用を払っているので、個人で戦っても勝てないのは当たり前ですね。

そういう強い所には攻めないという方法もアリです。

中には企業がなかなか参入しづらい分野もあります。

そういう分野は個人の独壇場になりますが、サーバーの関係上できないこともありますのでサーバーの規約とかも確認するようにしてください。

Yahoo!の広告でアフィリエイト締め出し

Yahoo!の広告では、リスティング広告でアフィリエイトが締め出されました。

そもそも、私はYahoo!の広告は利用していないので関係ないですが、多分Googleも近いうちに締め出されるんじゃないかな?と思います。

広告を出せばアクセスを集めることはできますが、お金もかかって効率も悪いので、私はやらない派です。

ただ、キーワードプランナーの詳細表示を出すための金額は広告を出してます。

これも1ヶ月に1回なのでほぼないに等しいですね。

本当にSEOはオワコンなのか?

まだ現状ではSEOは大丈夫と見ている

私の個人的な主観になりますが、見る限りで現状オワコンではないと思っています。

他の方は、みなさん「オワコンだ〜。」と言っていますが、昔から言われていたことなんですよね。

確か、5年前にも「アフィリエイトはオワコンだ。」と言われていましたが、その中でもずっと稼いでる人は稼いでいました。

今回は、過去に比べてオワコンと大きく言われていますが、現状はまだいけるかな?と見ています。

レッドオーシャン化しつつありますが、よく探せばブルーオーシャンの所も、まだまだあります。

ブルーオーシャンの部分を探して行けば、まだまだ大丈夫だと個人的に感じています。

ただ、ブルーオーシャンを探すのに時間がかかるのが欠点でもあります。

なので、以前に比べたらブルーオーシャンを難すのが難しくなっているのは明らかです。

そして、調べると強いサイトが出てくるので、この強いサイトに勝てるようになるにはオリジナリティー要素が必須になってきます。

また、E-A-Tも大事になってきます。

  1. Expertise(専門性)
  2. Authoritativeness (権威性)
  3. TrustWorthiness (信頼性)

私は、専門性がいるようなサイトは運営していませんが、これからは信頼性を高めていくのが大事になってきます。

他のサイトをコピーしたようなサイトは、これからどんどん劣化していきます。

他のサイトとはちょっと一風変わった記事を書いていくのが大事になってくるのかな?と思います。

やはり、似ているような記事よりも、他とは違う部分があるようなサイトが大事になってくると感じています。

個人的に、まだまだSEOでも大丈夫だと見ていますが、2年、3年先がどうなっているのかは分からないのは確実です。

なので、SEOだけに頼らない方法(例:SNS)などで集客していく方法が大事になってきます。

SEOだけに頼るのは、Googleに依存することになるので大変危険です。

SEOでやりつつ、もしSEOがダメになってきたときに次はどうすればいいのか?と模索していくのが必須になってきます。

そういうこともやっていかないと、これから生き残れないのかな?と個人的に感じております。

まとめ

  • SEOは、現状ではまだ大丈夫
  • ただ、SEOも以前よりは厳しくなっている
  • 他と似たような記事を作っても検索上位に入るのは難しい
  • オリジナリティーの要素が必要になってくる
  • SEO以外で人を集めてくる手段を模索するのが必須になってくる

今回は、SEOはオワコンなのか?という部分を実体験を交えてご紹介しました。

個人的に、まだまだSEOは大丈夫だと思っています。

ただ、2年、3年先がどうなっているのかは誰にも分かりません。

なので、SEOに頼るだけではなく、今のうちに他の方法で集客する方法も考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください