アフィリエイトの記事をリライトする時のペースとは!?

アフィリエイト用の記事を作成して終了。

それではダメですよ。

それをしていたらいつまで経っても収入に結びつくことがなかなかできません。

そうならないためにも記事は定期的にリライトしていくことが大事になります。

今回はそのリライトのペースについて紹介しますね。

記事をリライトする時のペースとは!?

 

記事を一度公開して正確なデータが出るまでに2ヶ月〜3ヶ月はかかります。

なので、もし10月に公開した記事があるとしたら正確なデータが出るには来年の1月くらいまで待たないとダメということですね。

「そんなに待たないとダメなのか?」

と思ってもこればかりはgoogle先生の仕様なので仕方のないことです。

それまでは記事をどんどん追加していくことに尽力してください。

どんな記事をリライトしたらいいのか?

 

そして3ヶ月経ってデータが出た所で

「さぁリライトしていこう!」

と全ての記事をリライトしてもダメですよ。

ここで全ての記事をリライトしてたら労力の無駄使いになります。

効率よくリライトをかけて順位を上げていく必要があります。

効率良いリライトとは?

その効率良いリライトとは「ライバルチェックして弱い記事が上位にいたらリライトかける」ということです。

難しいので簡単に説明しますと、ある記事で順位が13位で出ました。

この時点で検索2P目なので、ほとんどその記事からの検索流入はありません。

これを検索で流入するようにするためには1P目に持って来る必要があります。

1P目に持って来ることができるようにするために13位の記事の上位を全てチェックしていきます。

その中で

  • 大手企業がいる(大体5社以上)
  • 広告がかなり多い
  • 上位にかなり強いアフィリエイターがいる

こういう市場でリライトかけても勝てないのは目に見えてます。

なので、こういう市場には手を出さないことが大事になります。

逆に言いますと

  • 大手企業がいない(いても3社以内)
  • 広告がない
  • 上位のアフィリエイターが弱いアフィリエイター

だったらリライトをかけたら順位が上がります。

そういう記事を見つけたらすかさずリライトをかけていくようにしてください。

目標は検索1P目に持っていくこと

この時の目標は検索で1P目に持っていくことです。

1P目に持っていかないと検索かけた時に見てくれることがありません。

なので、ライバルチェックして検索1P目に持っていけそうな所があれば頑張って1P目に持っていけるようにしてください。

最終目標は検索で1位とることです。

中にはリライトをかけると検索で1位とることもできますよ。

私自身リライトかけて検索1位取れたものもたくさん持っております。

リライトする時の注意点は?

 

そしてこのリライトですが、注意点としてリライトして順位が上がることもあれば下がることもあるということを念頭に置かなければいけません。

私自身リライトをかけて順位が大きく上昇したものと順位が下落したものと両方の経験があります。

リライトをかける=必ず順位が上がる

というものではありませんので、そこだけは注意していくことが大事になります。

リライトして順位が落ちた場合はあえて前の記事内容に戻すのも1つの方法でもありますよ。

まとめ

  • 記事作って3ヶ月位したらリライトするかどうか決める
  • ライバルが弱い所を攻めて検索で1P目に持っていけるようにする
  • 最終目標は1位をとること

私自身リライトをかけて1位をとった記事を多々持っております。

さらにそのやり方も他人に教えたら外注化としてできますので、自分の時間を最大限に発揮することが可能になりますよ。

リライトも外注化できます。

実際私自身リライトは外注化してやっていたりしますので、コツだけ教えてリライトは外注化を進めていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください