宝くじに当たったら仕事を辞めよう!無理だと言える理由とは?

みなさんは一度くらいは思ったことがあるはずです。

「宝くじが当たったら仕事を辞めよう」

私も昔思ったことあります。

しかし、宝くじ当たって仕事を辞めようと思うのは無謀なことでもあります。

その理由をこれから説明していきます。

なぜ宝くじ当たったら仕事を辞めるが無謀なのか?

 

宝くじも最近は7億とか、関連するものとしてLOTO6とか色々あると思いますが、個々の説明は省略しまして核心部分からいきます。

宝くじで1等が当たる確率って何パーセントだと思いますか?

私自身調べてみましたが、宝くじ1枚買って1等当選する確率0.00001%(1000万分の1)くらいみたいです。

と言われてもパッとしませんよね?

これとほぼ同じ確率と言われているのが雷に直撃する確率です。

これから行きますと

雷に打たれる確率と宝くじで1等当たる確率がほぼ同じと言うことです。

普通に考えて現実的でないですよね。

それでも「数打てば当たる!」と言うことで毎年つぎ込んで行く人もいますよね。

何かの情報番組でみたことがあるのですが、宝くじが高額当選するまでに大体10年以上買い続けた方が当たる可能性が高まる、と言うのを見たことあります。

そこで、これを事例にして説明していきます。

宝くじ当たる可能性について

毎回年末ジャンボを3万年分、サマージャンボを1万円分投入するとします。

そうすると年間で必要な金額は4万ですね。

これを10年買い続けてたら40万円になります。

もしここで当たったらラッキーですね。

しかし、先ほどの事例でも説明しましたが、基本的に宝くじが当たる確率は雷に打たれる確率とほぼ同じです。

「億万長者になる」

と夢見るだけで叶わずに旅立つことが殆どです。

夢を思うのは個々の自由なので構いませんが、なんども言ってますように宝くじで仕事を辞めるのは現実的ではないですよ。

副業禁止規定に引っかかるから副業できない場合どうしたらいいの?

 

宝くじがダメなら副業すればいい!

と考える方もいると思いますが、

「副業禁止規定が厳しいから無理」

と言う方も多いと思います。

私の職場も公務員並みにかなり厳しい所です。

そんな公務員並みに厳しい所でも副業できる方法として挙げられるものについて順番に説明していきます。

株式投資で儲ける

まずこれですが、正直に言います。

一般のサラリーマンが株式投資をして社畜脱出できるほど稼げれる人はまずいません。

これは断言できます。

第一株式投資は日本の証券市場が開場している平日の朝9時から午後3時までが勝負です。

基本的に平日の朝9時から午後3時の間と言いますとほとんどの方が仕事をしていますよね。

そして仕事中に携帯いじれない方も多いと思います。

その中で株式投資するのはかなりリスクがありますよ。

私自身最初に挑戦したことであるのでわかりますが、私が挑戦した時に地政学リスクで一気に株価が下落して3日で40万円飛ばしたことあります。

しかもこの時仕事が激務で見る合間がありませんでした。

仕事が落ち着いた時に見たらこのような状態になってましたので後の祭りです。

まだ40万の損失で終わっただけ救いと思って株式市場から私はフェードアウトしました。

そのまま持ってたら塩漬けになって100万近く飛ばす所でしたので。

FXで儲ける

「平日携帯いじれないなら夜でも取引できるFXしたらいいじゃない?」

と言う声が聞こえてきそうですが、FXも個人的にはオススメしません。

FXは株式投資と比べると大きなレバレッジが効きます。

25倍近くのお金をかける事ができますが、逆に言いますとそれはリスクも25倍になると言う事です。

基本的に株式投資にしろFXにしろ余裕資金でするものになります。

余裕資金と言いますと一般のサラリーマン社畜の方でしたらそんなにもないはずです。

持ってても札束1枚程度でないでしょうか?

私がやってた時も余裕資金でしていたのですが、正直言って100万以下でやってもFXは旨味はありません。

そこから徐々に行くと言うのが鉄則で、基本的にある程度テクニカル分析とかして次がどのように行くか推測して買って行くのですが、正直これも当たり外れはあります。

私自身当たったのと外れたのは半分半分でしたね。

そして、当たっている時によくある心理として、

「今この利益を確定させておきたい」

と言う事で少ない利益の時点で利益確定してしまう生き物です。

そしてその後に急騰したのを見て

「やっぱり手放さなければよかった・・・」

と思う事が多々あります。

これとは逆に、損失に向かっている時になりますと

「この損失はいつか戻る。」

と言う事でさっさと損切りすべき所をずっと損切りできずに持ち続けることになります。

そして最終は証券会社のロスカットに引っかかってしまい強制ロスカットを食らうという所まで持ってしまうものです。

強制ロスカットになった時に

「何であの時さっさと損切りしなかったのだろうか・・・」

と後に後悔するものです。

私自身株式市場の損失があったので、FXは期待値より下がったら即損きりしてました。

なので、FXではさほど大きな損失はなかったのですが、合計すると少しマイナスで終わっていましたね。

FXは一歩間違えると大きく損失を被る事がありますので、初心者が行うのは絶対に辞めておいた方がいいです。

有り金全部スってしまってさらには追徴金払う羽目になる可能性もあります。

過去にあったスイスフランショックみたいな事が起こったら人生積みますよ(この時に追徴金1000万とかの人がザラに出ました。)

不動産で儲ける

株もダメ、FXもダメ

となりますと最終は不動産になります。

不動産は安定資産でありますが、基本的にローリスクローリターンです。

さらに、不動産の場合最初に必要な資金が株式投資やFXと比べものにならないくらいに必要になってきます。

アパートを買うにしてもそれなりのものになりますと数千万単位で必要になります。

そしてローンを組むためにも色々必要になってきますので、時間と労力は一番かかる投資方法になります。

ローンが通るような職場に勤めているのなら片手間でするのも1つの手だと思いますが、基本的に不動産は成果出るまでに数年〜数十年くらいはかかります。

それからすると成果が出るまでに宝くじと同じくらい年月がかかるようになりますよ。

さらに、近年地震や河川の氾濫などの自然災害のリスクも高まっております。

基本的にマンションを買った時には保険に入ると思いますが、もし自然災害に見舞われたら、、、と考えるとキリがないですよね。

その点からも不動産はある程度資金が貯まってからするのでしたらアリと思いますが、最初からするのはオススメしない方法ではあります。

それだと最強の手段は何?

 

「公務員並みに副業が禁止されている所の人が副業する最強の手段」

と言いますとネットビジネスが一番良いです。

なぜかと言いますと、ネットビジネスは基本的に

  • 少額資金で始められる
  • ビジネスの種類によっては在庫抱える必要ない
  • リスクが他の投資に比べて格別少ない

この3点が揃っているためです。

例えば株式投資をする場合、安い株でしたら1万ちょっとで売ってたりもしますが、基本的にそこそこの株を買おうと考えると50万〜100万くらい必要になってきます。

これがネットビジネスの内アフィリエイトを例にしますとドメインとサーバー代で年間2万ちょっとあれば十分できます。

月々に必要な資金と言いますと最低限でしたらこれだけで始めれます。

それで当たれば月100万も十分狙えていけるビジネスです。

他の所と比べてかなり少ない資金で大きなリターンが狙えると言う。

正直おかしいと思える世界がネットビジネスでは未だにあります。

ただ書き続けてたら良いと言うわけでもないですが、コツとやり方さえ間違っていなければ1年で月収100万は十分到達可能な範囲と思っております。

「ネットビジネスでもアフィリエイトって副業じゃないの?」

と言う声が聞こえてきそうなのでお答えしますが、ある方法を使うと副業と見なされない方法があります。

それは追々説明していきます。

ちなみに、ネットビジネスは色々ありますがこの方法が使えるのはアフィリエイト(トレンドアフィリエイト、サイトアフィリエイト含む)だけになります。

その他の方法は使えませんのでご注意くださいね。

まとめ

  • 宝くじに当たる確率は雷に打たれる確率とほぼ同じ
  • 宝くじは現実的でない
  • 副業禁止が厳しい所で可能な副業も資金が多く必要だったりする
  • そんな所でも最強クラスに適しているのがアフィリエイト

以上、宝くじはあてにしたらダメと言うことと、それをするくらいならアフィリエイトした方が確実に金持ちになれますよと言う話でした。

そもそも論一瞬で1億とか3億手に入れたら金銭感覚崩壊します。

知らない間に散財して気がついたら無くなってたと言うのが落ちです。

そんな使い方でなく、月収100万が毎月入ってくる世界の方が十分私としては幸せな人生を歩けれると思いますよ。

贅沢しなれば月収100万あれば仕事行く必要ないです。

仕事に拘束されてた時間が自分の時間になって有意義な生活を送ることができますよ。

そんなアメリカン・ドリームな世界が現実的に存在するのがこのネットビジネスの世界です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください