google広告に除外キーワードを設定する方法とは!?

キーワードプランナーを詳細表示にするためにgoogle広告の設定をして公開している方は多いと思います。

ただ、この広告の設定をミスしてリスティング広告NGの所に出してしまったら除外してくださいと案内が来ます。

今回私自身がそれを経験し、除外設定を調べまくってやったのでそのやり方を紹介します。

google広告の除外キーワード設定方法は!?

 

まずはgoogle広告のトップ画面を開いてください。

開くとこんな画面が出てくると思います。

平均クリック数や金額などは企業秘密なので消しておりますが、クリックされて金額が発生したら一番右側の緑の所に金額が出てきます。

そして、下の左側「キーワード」と書いている所が現在登録されているキーワードの数、その右側がどの広告でクリックされたか表示されるようになっております。

私の場合はここに商標が入っていたキーワードが表示された影響で企業から

「消してください」と案内が来ました。

設定方法

その設定方法ですが、上の画像緑囲みの所、「キーワード」をクリックしてください。

 

クリックしたらこんな画像が出てくると思います。

これも企業秘密なので大半消しておりますが、□の横に登録したキーワードが羅列されております。

その□の所は今置いておいて、上にある「除外キーワード」をクリックしてください。

そうしたら上の画像のようになりますので、上の丸ボタンはそのままで構いません。

緑囲みの所に除外したいキーワードを入れてください。

除外キーワードの設定が終わったら緑囲みである「保存」をクリックしますと反映されます。

これで設定は以上になります。

まとめ

 

最初グーグルのヘルプを見ながらやってましたが、文章だけでは結構分かりにくい所がありましたので、写真入りで今回やってみました。

もし「除外設定をしてください」と言われた場合にはこの設定をするのは必要になってきますので、その時に役立ててください。

私自身次同じような依頼がきた時にはこれみてしていると思います。

たまにしかしないことって忘れますよね。

私もよく忘れますので、こういう形で何か形として残しておくのはかなり大事だなと思っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください