キーワード選定の時にするべきおすすめの方法とは??

サイトを作成した後することとして、どのジャンルで行くか決めていきますよね。

ジャンルを決めた後、その次にしなければいけないこととしてキーワードを決める事があります。

このキーワードですが、正しい方法でしないと全くダメな方向に行ったりもします。

このキーワード選定の方法はいっぱいあるのですが、次から紹介するのは数ある方法の内の1つとして認識していただければと思います。

鉄則 キーワードプランナーに登録

 

これはサイト運営している人だったら絶対していると思います。

これせずに適当にキーワード選んでやってたらその時点でなかなかサイト運営の実績上がらないですよ。

キーワードプランナーも登録したら月別検索数(googleに限る)ですが見ることができます。

正直これでそのキーワードのジャンルが強いのか、弱いのかはっきりわかります。

例をあげると廃校の中で商品売っても誰も来ないですよね?

中にはこれをしている方もいますので、できればある程度キーワードがあるジャンルで書いて行ったほうがいいです。

ただ、強すぎるジャンルもあります。

「旅行」とか「転職」とか「ダイエット」とか

これに共通しているのは1語のみでやっていることです。

正直始まったばかりのブログが1語のみのキーワードで戦っても勝てるはずありません。

広告費に年間億近いお金を投入している所と個人とでは雲泥の差ですね。

サイト運営していて初心者が挫折することが多い理由として、この1語のみで戦っていて勝てないからやめていくと言うパターンもあります。

私からすると、「ほら勝てないでしょ!』

と思いますね。

野球に例えたら早いですが、小学生で入ってすぐの子どもがプロ野球選手と本気で戦って勝てると思いますか?

結果は目に見えてますよね。

それと一緒のことをしている人がなんと多いことやら。

それもあって、サイト運営して3ヵ月以内に挫折すると言う人が結構多かったりもするのですがね。

私としてはおいしい状態でもありますが(苦笑

「じゃあどうすればいいの?」

と言う声が聞こえてきそうなので先に言いますが、対策として2語、3語、4語とキーワードを増やして最初はせめていく方法です。

キーワードが増えるごとに敵は減ります。

その分こちらとしては戦いやすい土壌になってきます。

そこで、大体月別検索件数が100〜300くらいの所であれば戦ってもいいかもしれません。

ただ、最初は勝てませんよ。

これも時間がかかります。

この間をどう耐えてくかによって今後が決まってきますよ。

キーワードプランナー以外で方法ないの?

 

キーワードプランナーは月々お金がかかります。

正直これも投資として必要経費なのですが、これをケチる人も中にはいます。

その時点でサイト運営する人としたら勿体無いことこの上ないですが、最初はこの方法を使って訪問者を上げていくと言う方法もあります。

知恵袋とかの質問サイトが出てくる

参考に入れておりますが、緑で囲っている部分に知恵袋がありますよね。

検索して1P目に知恵袋が出てくる所は比較的弱い市場の事が多いです。

これも時と場合によります。

なので、検索して1P目に知恵袋とか教えてgooとかの質問サイトが出てきたらチャンスと思っていいと思います。

アメブロとかの無料ブログが出てくる

緑囲みの部分ですが、検索して1P目にアメブロが出てきました。

アメブロが出てきている市場も比較的弱い市場です。

こう言う所もせめていくと言う方法もあります。

そして、赤囲みで囲っている部分が「サジェストキーワードと言って、google(yahooもある)が

「このキーワードが関連して検索されていますよ」

と言うのを教えてくれているものです。

このサジェストキーワードは実際に検索されたキーワードであるため、キーワードプランナーに載っていなくてもある程度の需要があります

これを辿っていって、さっき言った1P目に知恵袋とかの質問サイトやアメブロが出てきたらそのキーワードで攻めていくと言うのも1つの手段としてはアリです。

まとめ

 

・キーワードを選ぶならキーワードプランナーに登録するのは必要

・それ以外でもサジェストワードから辿る方法もある

以上、サイトのキーワードを選定するにあたっての重要なポイントについての説明でした。

実際サジェストワードは辿れば無限に見つけれます。

キーワードに煮詰まった時は使ってみてもいいかもしれません。

その代わりに時間はかなりかかりますのでそこは理解してくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください