集中できる環境を作るにはどうすればいいか!経験談を紹介!

資格勉強やネットビジネスの勉強をしたばかりの頃は集中する環境作りに苦労することが多いですね。

特に家族がいる方でしたら家に帰ると子どもが邪魔をしてきて集中できないことも多くあります。

そんな中でどう言う時に集中できるか、どういった環境がオススメなのか私のバターンを交えて紹介しますね。

集中するのにオススメの場所とは?

 

私個人的に集中するのにオススメの場所としましたら

  • 電車やバスの中
  • カフェやフードコート

この2つがオススメできる環境になります。

電車やバスの中

よく通勤で電車やバスを使っている方でしたら英単語帳やノートを見ている高校生を見かけることありませんか?

これって理に叶った勉強法でもありますよ。

隙間時間を有効活用するには最適な方法でありますし、静かな環境よりも少し音がする方が集中するにはいい環境になります。

私の場合は通勤に1時間半かかっておりましたので、この通勤時間を使って音声学習をしておりました。

そして帰りの時に記事を1記事書いていたことが多いです。

意外にも通勤の電車やバスの中って集中できますよ。

ただし、注意点があります。

車酔いしやすい方はこの通勤時間は音声学習だけにしてくださいね。

「さぁ1記事書こう!」

と思ってPC立ち上げて作業していても酔ってしまったら本末転倒になりますので、そこだけは注意してください。

通勤で車を使っている場合は?

さらに、車通勤をしている方も中にはいると思いますが、そう言う方は音声で学習する方法1択になりますね。

流石に車を運転しながら記事を書くのは難しいです。

中にはPC立ち上げて音声入力ボタンを押して通勤の車の中で記事を作り上げる猛者がいたのは知っておりますが、それはある意味危険なのでやらないようにしてくださいね。

音声学習でもできれば新しいことよりも以前習ったことの復習を中心にやるといいですよ。

「ちなみに、ここで新規のものを聞くとそっちに意識が行ってしまって運転がおろそかになります」

これ、私自身経験したことでもありますので、ここは注意してくださいね。

カフェやフードコート

家に帰ると子どもがいて作業時間が取れない!

そう言う方にオススメなのがカフェやフードコートで作業することです。

私の師匠もよくカフェやフードコートで作業をしておりました。

私もカフェでコーヒー片手に記事を作ってたこともあります。

個人的にはカフェに行ってするのは費用的なものが多くなってきますので、できればフードコートで作業をするのが経済的にもいいですよ。

それこそ休日に子どもを連れてちょっと遠くのショッピングモールへ行って子どもはお母さんに任せて自分はフードコートで記事作成。

こう言う方法もありですよ。

「と言うより家族サービスもしながらやらないと家族環境が悪化するからたまにはそう言うこともしないとダメやなぁ」

私自身ずっと専念しすぎて家族関係が悪化したことがありますので、たまには家族でちょっと遠くのショッピングモールへ行ってみるのもいいかもしれませんよ。

そこで新たな発見をしてそれが情報発信の引き金になったりもしますので。

環境を作る上での注意点は?

 

「さぁこれで集中できる環境がわかったから即実践しよう!」

と思う方もいるかもしれませんが、一つ注意点があります。

それは、「冬場は風邪に気をつける」です。

当たり前のことになりますが、冬場になると結構風邪ひいている人とか身近にいたりします。

そう言う人からもらってしまう可能性も結構ありますので、冬場は風邪を引かないように気をつけて作業を行ってくださいね。

実際私自身冬場にカフェで作業をしてクリスマスパーティーできなかったことがあります。

「いやぁ〜あれは本当に怒られた。何事もほどほどにしないとダメだね」

と自分自身身を持って経験しておりますので、ここだけは注意してくださいね。

まとめ

  • 集中できる環境は電車やバスの中、カフェやフードコート
  • 車で通勤している場合は音声学習のみにする
  • 冬場は風邪に気をつける

実際私自身色々集中できる方法はないかと試行錯誤をした結果、これに落ち着いた経緯があります。

意外にもフードコートで作業をしている方って結構いたりしますよ。

無料で利用できて閉店までいることができますので、私はフードコートをオススメしますよ。

電車通勤の方でしたら電車の中も同じくらいにオススメします。

1日24時間で限られた時間の中で有効活用していって資産を作っていってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください